Interview

18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く

2019.05.14

18番に恥じない投球で1シーズン6勝を狙う

18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く | 高校野球ドットコム
早川隆久(早稲田大)

 「完封、完投は投手であれば目指すものですが、自分はまだそのレベルに達していないので、1イニングずつ丁寧に投げて抑えていった結果が完封リレーに繋がりました。」

 試合後にそう語ったのが早稲田大の背番号18・早川隆久だ。東京六大学リーグ戦の第5週・立教大戦に先発した早川は、序盤はランナーを出したが「1つずつ丁寧に抑えればピンチを凌げると思って投げ、無失点にまとめることができた」と振り返った。

 立教大のエース・田中誠也との左腕同士の投げ合い、7回3分の2を投げて32人の打者相手に被安打6、奪三振7、与四死球2。投手戦を制しチームに勝利を呼び込んだ。

 早川は今シーズン背番号18を背負い、3年生ながら文字通りエースの立ち位置となった。この番号について、「この番号は付けている人が最近いなかったので、重みや責任があります。なので、この番号に恥じない投球ができればと思います」と語る。

 今回の勝利で早川はシーズン2勝目を掴んだ。しかし早川が掲げる目標はもっと上にある。
 「残りの4シーズン全て6勝と小宮山悟監督に言われました。自分は目標を言ってもらえた方がやる気になりますので、その明確な目標に向けて頑張りたいです。」

 今シーズンより早稲田大は投手出身の小宮山監督が就任。プロの世界を経験する小宮山監督から学ぶことも多いはず。早川はここまで何を学んでいるのか。
 「前回の明治大戦は2アウトからあとアウト1つ、あと1球で打たれました。それは自分が勢いのままに投げているから相手打者が打ちやすい。そこで小宮山監督から間を作って考えさせたり、逆にどんどん投げて考えさせなかったり。ランナーがいなくても一発がある打者は間を作って考えさせたりと、技術面ではなく投球術についてアドバイスをもらいました。」

[page_break:力任せではなく、投球術でバッターと勝負する重要性]

力任せではなく、投球術でバッターと勝負する重要性

18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く | 高校野球ドットコム
2番手として登板した徳山壮磨に声をかける早川隆久(早稲田大)

 他にも野球への姿勢や早稲田らしい野球、早稲田の伝統を自分たちに継承させてくれるので、それを継承できればと早川は話した。

 早川は昨年、四国で行われた侍ジャパン大学代表候補者合宿に参加。精鋭が集まる中、他のリーグで活躍し自分より優れた投手たちから刺激を受けた。

 同時に東京六大学の先輩から『凄いボールを投げるのに、どうして打たれるのか』と言われたことに悔しさを感じた。そして打たれる理由は、「強気で投げてはいるが力任せの投球をしていることが原因で、投球術やメンタルに弱点があるため」だと考えた。

 それに気づいた早川は冬の期間に課題に取り組んだと話す。だが11日の立教大戦でも後半は力で行き過ぎてしまったことを反省し、いかに冷静に、力だけではなく投球術でかわし勝負するかが大事だと語っており、まだ工夫の余地がある様子だ。

 13日に行われた立教大戦でも先発した早川は、勝敗はつかなかったものの7回を投げて被安打4、失点1の内容にまとめた。昨年の候補合宿に呼ばれ自身の口からもエースと語るように、実力は十分備えている。雰囲気や話し方や立ち振る舞いから責任感の強さは感じられ、エースとしての器は持っている。あとはリーグ戦での実績を積み重ねていくだけ。

 小宮山監督に課せられた「シーズン6勝」のミッションをクリアし、チームの優勝に貢献したいところだ。

文=編集部

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

21世紀枠推薦校の鶴丸、2試合連続で接戦を制する!光った「声のベンチワーク」【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.13

北北海道が開幕!士別翔雲、旭川実、北見柏陽が8強入り【夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】