Interview

「可愛がられる」という天賦の才能 長崎のスーパー1年生・山口 夢叶(佐世保実)

2019.02.12

 佐世保実の注目の1年生はご存知だろうか?名前は山口夢叶(やまぐち・ゆうと)。山口は中学時代は軟式でプレーしていた。佐世保実に入学してから急成長している選手である。そんな山口の魅力を読み解いていきたい。

佐世保実の門を叩いたスーパー1年生

「可愛がられる」という天賦の才能 長崎のスーパー1年生・山口 夢叶(佐世保実) | 高校野球ドットコム
ガッツポーズを見せる山口夢叶(佐世保実)

 新川剛(しんかわ・ごう)監督は
 「彼はですねここら辺ではナンバーワンの投手ですよ。佐世保市の選抜選手なんです。市の選抜の大会を見たときに、いやぁ~と思いましたね」
 と山口との強烈な出会いを回顧している。

 一方、山口は佐世保実を選んだ理由として
 「(新川)監督さんが、トレーニング面や食事面をよく知っていると聞いて。野球をする上で身体は大切なので、設備もいいので佐世保実を選びました」
 と語っている。

 新川監督は、佐世保実の監督就任前は福岡の福岡光陵高校でトレーナーを勤めていた。その時に、島内颯太郎(福岡光陵→九州共立大学→広島東洋カープ)を指導するなどトレーナーとしての実績があった。山口はそんな新川監督の元でプレーをすることを決めたのである。

[page_break:まだまだ伸びしろを感じる投手]

まだまだ伸びしろを感じる投手

「可愛がられる」という天賦の才能 長崎のスーパー1年生・山口 夢叶(佐世保実) | 高校野球ドットコム
山口夢叶(佐世保実)

 新川監督の指導の元、山口は順調な成長を見せている。体重は入学当初の68kgからすでに80.2kgまで増えている(身長は180cm)。身体が出来てくれば、もちろん球の勢いも違ってくる。球速は、120kmから、138kmまで伸びてきている。

 そんな山口が目指している投手は吉田輝星選手(金足農-北海道日本ハム)だ。

 「フォームとか投げ方とかストレートのキレとかが好きです」と話してくれた。

 また、高校3年生までに150kmを投げることを目標としている。

 「ピッチングを支えている下半身ができていないので、この冬以内に下半身を使ったトレーニングと下半身強化をして、伸びのあるストレートを磨いていきたいと思います」

 山口は150kmに向けて目標を持ち着実に前を向いている。

 新川監督も
「上半身で押して行くので、足が使えたらもっと長いイニング数を安定して投げれるようになると思います」
とさらなる成長を期待している。

 さて、そんな山口の現在の球種だが、ストレートと、新川監督がお化けフォークと表現する、落差の大きいフォーク、そしてスライダーだ。 

 山口がこのまま順調な成長曲線を描けば150キロのストレートとフォークボールを投げる千賀 滉大(せんが・こうだい)のような投手になる可能性は十分秘めている。まだまだ1年生、今後の成長から目が話せない。

可愛がられる性格

「可愛がられる」という天賦の才能 長崎のスーパー1年生・山口 夢叶(佐世保実) | 高校野球ドットコム
笑顔を見せる山口夢叶(佐世保実)

 山口のもう一つ魅力は周りが応援したくなる性格だろう。

 新川監督は山口の性格をこのように評する。

「性格がとってもいいんです。素直で、彼が投げる時は先輩達も、俺たちが守ってやる!という感じの可愛がられるタイプの子なんです。本当に努力もしますし。いいやつです」
 と周りに可愛がられる性格と話してくれた。

 この「可愛がられる」というのは非常に難しいことである。可愛がられるために人に媚びるというイメージを持つ人もいるだろうが、媚びる人ほど人から距離を置かれたり嫌がられたりすることがある。

 むしろ、「素をさらけ出すことができる」ことや、「素直」であったり、「物事に真摯に向き合う姿勢」などの人間性がある人が、純粋に可愛がられる。山口は新川監督の言うように、「素直」で「真摯に努力をする」などその人間性によって周りに可愛がられるタイプなのである。

 野球はチームスポーツである。どんなに自分に突出した才能があっても1人では勝てないスポーツである。だからこそ、この天賦の才能は、山口の武器になるに違いない。

「可愛がられる」という天賦の才能 長崎のスーパー1年生・山口 夢叶(佐世保実) | 高校野球ドットコム編集後記
山口と話した印象は、「爽やか」である。話す言葉も柔らかく、新川監督が「いいやつです」と言うのがひと目で分かった。可愛がられる性格も、今後の武器になるに違いない。いつか山口が150kmに到達したら、「佐世保の快速王子」と呼びたいと思っている。

文=田中 実

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商