Interview

【ボーイズリーグ】昨秋の九州王者・飯塚ボーイズが春の全国制覇狙う「歴代三本の指に入るチーム」と監督も自信

2024.03.26


飯塚ボーイズ中島齊志主将

3月26日、ボーイズリーグの全国大会「スターゼンカップ 第54回日本少年野球春季全国大会」が開幕した。本来であれば、中学生の部12試合、小学生の部8試合が行われる予定だったが、悪天候のため全て翌27日に順延。開会式のみが大田スタジアムのバックネット裏観客席で実施された。

九州ブロック福岡県北支部から出場の飯塚ボーイズは、中島齊志主将が力強く行進。「周りのチームも強そうで少しビビッてしまった」と苦笑いで開会式を振り返ったが、最後には「試合では周りを気にせず、自分たちらしく戦いたいです。飯塚は守備からリズムを作るチームなので、しっかり守って勢いをつけたいと思います」と笑顔で語った。

今年のチームはここまで公式戦は負けなしで、春山総星監督も「歴代見てきた中でも三本の指に入るチーム」と自信を口にする。昨秋は九州大会を制した強豪が、どんな戦いを見せるか注目だ。

<関連記事はこちら>
◆【ボーイズリーグ】第57回春季全国大会が開幕! 雨のため試合は27日に順延<スターゼンカップ>
◆【ボーイズリーグ】春の全国大会開幕! 福岡志免ボーイズはジャイアンツカップスタメン4人の経験値がウリ
◆【一覧】23年度 スーパー中学生リスト
◆中学日本代表7人輩出・ポニーリーグ強豪チームの進路がスゴい! エースは大阪桐蔭、遊撃手は山梨学院など甲子園常連校に続々進学!
◆【侍ジャパンU-15 代表選手一覧】
◆140キロ超の快速右腕などが活躍、日本代表を目指した中学の逸材たち
◆将来性豊かなポニーリーガーたちが大熱戦、九州・沖縄勢の躍進が目立ったポニーセンバツ大会
◆活動期間わずか9カ月でも名門校へ続々進学! 驚異の中学野球チームが宮崎にあった!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】