Interview

勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!小林 珠維(東海大札幌)・後編

2019.02.12

 今まで2回にわたって東海大札幌の146キロ右腕・小林珠維投手。最終回では首脳陣から見た小林投手の印象。また小林本人には意外な一面ついて話してもらいました。

 「明確な目的」でブレない行動!魅力ある大型右腕・小林 珠維(東海大札幌)・前編
 夏までに最速153キロを目指す!投打に注目、小林 珠維(東海大札幌)・中編

勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!

勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!小林 珠維(東海大札幌)・後編 | 高校野球ドットコム
小林 珠維(東海大札幌)

 大脇 英徳(おおわき・ひでのり) 監督は、小林 珠維(こばやし・じゅい)が更に成長するために、好不調の波を以下に減らせるかがポイントと考えている。

 同校の山本 浩司コーチも
「良い時は良いんですよね。後は、しんどい時にしんどいのを出さずにグッと堪えられるようになってくると、振れ幅が小さくなると思います」と、好不調の振れ幅をいかになくすかについて話してくれた。

 では、小林の現在地については、どう考えているのだろうか?

 大脇監督は、「実際今そこは変わりつつあると思いますね」と小林の変化を感じ取っている。山本コーチも「責任感が出てきたとは思いますね。感情での振れ幅が随分小さくなってきたかな」と、目標を持って過ごしている小林の変化に気がついている。

 夏までに、波を更に減らせば小林は手のつけられない大投手になっているに違いない。小林の今後の投球から目が離せない。

[page_break:負けず嫌いの小林のライバルは?]

負けず嫌いは子供の時から

勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!小林 珠維(東海大札幌)・後編 | 高校野球ドットコム
キャッチボールをする小林 珠維投手

 小林の幼少時代の興味深いエピソードがある。

「3つ上の兄(小林 由來東海大四卒・北海学園大学))がいて、自分がピッチャーで兄がバッターなんですけど、小・中学時代に対戦というか、ちょっと投げるから打ってとお願いしていました。それで投げると打たれるんですけど、負けたくないので、泣きながらもう一回と頼んで、それでもやっぱり抑えられなかったので、もう一回挑戦したいなぁと思います。今なら抑えられます」

 生粋の負けず嫌いなのである。言い方によっては、諦めが悪いとも言えるが、これこそが小林の才能の一つであると確信している。ともすれば簡単に諦めてしまうような場面でも、乗り越えようとするのである。目標を掴み取るまで消して諦めない信念は、台風の目となり周りを巻き込んでいく大きなパワーとなる。小林にはそんな魅力を感じる。

負けず嫌いの小林のライバルは?

勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!小林 珠維(東海大札幌)・後編 | 高校野球ドットコム
貪欲に成長を求める小林 珠維投手

 そんな負けず嫌いの小林にライバルを聞いてみた。

西原 健太札幌大谷)です。(小学校の頃の)ファイターズジュニアの時に一緒だったんです。でも今は有名投手になってしまって、ちょっと悔しいです。負けられないです!

 一番最初の出会いはファイターズジュニアのセレクションで、練習会の時に隣で投げていていました。デカかったし、もちろん球も早くてこういう人が受かるんだなと思いました。その後、お互いにセレクションで受かってメンバーになりました。親同士も仲が良いんです。僕らも会話していくうちに仲良くなっていきました」と、道内では友でありライバルの西原の名前を上げてくれた。

 もちろん、小林は西原も超えていく気だろう。プロ野球選手になるために小林は貪欲に成長し続ける!

勝てる投手へと、さらなる高みへ上がるために!小林 珠維(東海大札幌)・後編 | 高校野球ドットコム編集後記
 「正月明けてから、体重はもうちょっとあったんですけども(取材時は84.5kg)、今ちょっと3月の奄美大島の遠征に向けて、少し減らして瞬発力をつけようかなと思っているところです」と、これからの遠征に向けてのコンディショニングも話してくれた。目標の中にきちんと時間軸を入れているのも、小林の非凡な才能だと思う。

文=田中 実

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】