Interview

大会屈指の強打者・モイセエフ・ニキータ独占インタビュー 「目標は世代No.1野手&高校日本代表、そしてプロ入り!」

2024.03.17


3月18日開幕するセンバツ。大会2日目第1試合・豊川(愛知)-阿南光(徳島)戦に今大会屈指のスラッガーが登場する。豊川モイセエフ ニキータ外野手(3年)だ。ロシア人を両親に持つモイセエフは、181センチ85キロと屈強な肉体を活かし、現時点で高校通算15本塁打を記録している。センターからの守備からダイレクト返球を見せ、抜群の強肩も持ち味だ。

昨秋から大きく進化を魅せ、打撃成績は打率.571、6本塁打、32打点、10四死球。しかも63打数で三振はわずか2しかない。
長打力もあって、バットコントロールもよく、どのコースに投げられてもヒットに弾き返すことができる。しかも、明治神宮大会準決勝の星稜戦の本塁打を代表するように、大事な場面では常に結果を残してきた勝負強さもある。投手にとってこれほど怖い相手はないだろう。
そんな万能型スラッガー・モイセエフに話を聞いた。

明治神宮大会・星稜戦では打った瞬間、それと分かる本塁打を放った

高1冬のフィジカル強化で俊足タイプからスラッガーに変身!

モイセエフは高校入学当初、180センチ体重66キロと、華奢な体格をした選手だった。阿久比小では東海ボーイズに所属し、左腕投手として活躍。阿久比中では愛知衣浦シニアに進んでからは、外野手として活躍した。
当時は「パワーはあまりなくて、今よりも細かったのでスピードで勝負する選手でした」と振り返る。

豊川には、施設の良さ、練習の雰囲気の良さに惹かれて入学したという。1年夏から公式戦に出場し、1年秋には3番を打つなど、期待は大きかったモイセエフだが、公式戦・練習試合通じて本塁打は0本。長打が打てる選手になりたいと体作りに励んだ。
「体重を増やしたかったので、毎日お米は1キロ食べました。ウエイトもしっかりとやって、プロテインもしっかりと摂取する生活を毎日やってきました。空腹になる時間帯は作らず、間食も欠かさずに摂っていました」

豊川にはボディビルダー経験者のトレーナーがおり、ウエイトのやり方を学んだ。
「ウエイトの仕方など本当に知識がある方なので、色々と質問しました」
一冬を超えると、10キロほど体重が増えた。モイセエフはパワーアップを実感した。
「やはり打球の速度、飛距離が一気に変わった感じですね。初本塁打は豊川のグラウンドだったんですけど、ここのグラウンドは両翼100メートル、中堅122メートルと結構広いんです。打てたのは自信になりました」
今ではベンチプレスの100キロのバーベルを何度も持ち上げる。豊川の雨天練習場には、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの上位者の名前が書かれた紙が貼られているが、モイセエフはベンチプレスが105キロ、スクワットが190キロと2種目でチーム1位の成績だ。

スラッガー・モイセエフの才能を目覚めさせたのは、2年生になった昨春の県大会3回戦の星城戦だった。4番に入ったモイセエフは9回裏に逆転サヨナラ2ランを放ったのだ。
「このサヨナラホームランは本当に気持ちが良くて。自分にとって通算2本目。無死一塁の負けている場面でホームランを打てて、夏のシードに繋がった。本当に嬉しかったですね。緊迫した場面で打てたことで、自信にもつながりましたし、このサヨナラ本塁打以降、ホームランを量産できるようになりました」

フィジカル強化が実戦での成功体験につながり、モイセエフは自信を深めていく。昨年1年間で放った14本塁打のうち、半分は広い豊川グラウンドで打てたものだ。
甲子園は左打者にとって不利な浜風が吹いている。それでも両翼95メートル・中堅118メートルの甲子園球場でも本塁打を打てるパワーは十分に備わっている。

次のページ:センバツ出場のサヨナラ勝ちを呼び込んだ読みの鋭さ

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード