第132回 東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大選手2013年03月02日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 駒大苫小牧高時代は05年夏の甲子園大会優勝の原動力になり、翌06年は決勝で敗れたものの早稲田実業斎藤 佑樹との延長15回引き分け、翌日再試合の熱闘が感動を呼んだ。プロ入り後は09年のWBC(ワールドベースボールクラシック)日本代表に選ばれ、今や“ジャパンの顔”になった田中 将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)。高校生に向けて、今何をしなければならないのか、テクニカルな問題に鋭く切り込んだ。

【目次】
[1]体が開かないためのヘソの位置
[2]ステップでのこだわり
[3]ピッチングでの脱力

高校野球ドットコム 2月特集「WBC戦士たちの高校時代」
PC、スマートフォンからアクセス!


体が開かないためのヘソの位置

――以前取材した野球評論家の牛島和彦さん(元ロッテ)は「体が開かなければ何をやってもいい」と仰っていました。

田中 将大選手(以下「田中」) 確かに開かなければ肩肘の負担が減るし、開いて速いボールを投げようとすれば肩肘の負担が大きいかなとは思います。

東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大選手

――開かないためには最初の動きが重要だと思うのですが、田中さんを見ていると体を横にひねる動きがなく、打者に真っすぐ向かっているように見えます。そういうのは意識されていますか?

田中 「開かない」というのはもちろん意識しています。投げにいくときは絶対に反動をつけるんですけど、自分の中では極力余分な反動をつけないようにしています。ブレるのが嫌なので。

――体を横にひねる動きは極力抑えたいという?

田中 そうですね、ブレちゃうので。ダル(ダルビッシュ有)さんはヘソが三塁側を向いている限り絶対に開かないと言ってました。ヘソの向きがずれるだけで開きますし、三塁側を向いていれば絶対開かないと言われて、ああなるほどと。

――どのぐらいまでヘソは三塁側を向いているんですか?

田中 足が着くまでですかね。

――ストレートと変化球を同じフォームで投げるというのも難しいと思うんですが。田中さんは高校時代、スライダーを投げるとき肘を下げて横から投げるときがありました。それはどうやって克服されたんですか?

田中 高校時代は大きく曲げたいという気持ちが強かったから若干下げて投げていたんですけど、今は真っ直ぐと同じ軌道から曲げたいという意識があるので、真っ直ぐと同じところから投げていると思います。

「真っ直ぐと同じ軌道で変化球を投げたい」

――内側から腕を上げていくことも重要で、田中さんは高校時代からそういう投げ方をしていました。内側から上げていけば自然と肘が上がって、腕の振りがスムーズになりますね。

田中 多分キャッチャーをやっていたからというのもあると思うんですけど、体の軸を右側に残しておくことも重要です。足が着いたときでも軸が右(後ろ)にあれば、自然と肘が上がってくると思うし。マウンドは傾斜がありますが、意識は後ろに重心を残した状態で足を着くという感じです。

――球場には傾斜のきついところときつくないところがありますが、そういうのはあまり気にならないですか?

田中 気にはならないですね。傾斜はきつめのほうが投げやすいといえば投げやすいですね。

――きつくても後ろに残せるものですか?

田中 そうですね。突っ込んだりというのはあまりないです。

――それは意志の力だけで何とかなるものなんですか?こっちに残していくという?

田中 僕はそうです。

【次のページ】 ステップでのこだわり

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

田中 将大
田中 将大 (たなか・まさひろ)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 駒大苫小牧
  • ポジション:投手
  • 身長体重:188cm・90kg
  • タイプ:右投右打
  • 2006年のドラフト会議で、4球団が競合の末に東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。ルーキーの2007年には11勝を挙げて新人王を獲得。以降、2012年までの6年間で通算75勝を挙げるなど日本を代表する投手になった
  • タイトル
    最多勝利:1回 (2011年)
    最優秀防御率:1回 (2011年)
    最多奪三振:1回(2012年)
    最高勝率:1回(2011年)
  • 表彰
    パ・リーグ新人王(2007年)
    沢村賞:1回 (2011年)
    月間MVP:7回 (2009年4月、2009年8月、2010年5月、2011年6月、2011年7月、2011年10月、2012年6月)
    最優秀バッテリー賞:1回 (2011年、捕手:嶋基宏)
    ベストナイン:1回 (2011年)
    ゴールデングラブ賞:2回 (2011年、2012年)ほか
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第706回 茂木栄五郎 理想のバッティングは『フライとライナーの中間』【後編】 【2018年インタビュー】
第704回 茂木栄五郎「長打をより多く打つ。それが自分の生きる道だった」【前編】 【2018年インタビュー】
第632回 【2日目見所】強打の日本航空石川、日大三が登場!21世紀枠2校の戦いにも注目!【大会展望・総括コラム】
第629回 第90回記念選抜を制するのは?4ブロック別で見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第654回 田中将大選手が野球教室に参加!小学生からたくさんの質問が飛び交う! 【2018年インタビュー】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第623回 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第527回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田一也選手「高校野球を見て守備について勉強している」【後編】 【2017年インタビュー】
第526回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田一也選手「天然芝だからこそ自分の守備技術を見直すことができた」【前編】 【2017年インタビュー】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
駒大苫小牧 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー