第124回 高岡第一高等学校 森本 龍弥 選手2013年01月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 北信越屈指の大型ショートストップとして注目された高岡第一森本 龍弥選手。2012年秋のドラフトでは北海道日本ハムファイターズから2位指名を受けました。
 森本選手といえば、一冬でスイングスピードは5キロアップ、2年半で体重20キロ増。課題であったアウトコースや、体の硬さまで克服してきました。一体、この3年間どんな練習を積んできたのでしょうか?

【目次】
[1]スイングスピード153キロの森本龍弥の打撃
[2]365日続けることで手に入るフォーム
[3]1日2キロのご飯&地獄のトレーニングで体作り

スイングスピード153キロの森本龍弥の打撃

高岡第一 森本龍弥選手

――「高岡第一森本 龍弥」その名前がプロのスカウト陣のデータに、一挙にリストアップされたのは、森本選手が3年生の5月頃でしたね。練習試合で、あるプロ注目の投手からホームランを打った日ですね。

森本龍弥(以下「森本」) そうですね、それまで全く知られていなかったですよね。あの時は、インコース高めのカットボールをレフト方向に打ちました。球も本当に速くて、打った時は、詰まった感覚でレフトフライかなと思ったんですけど、自分がイメージした以上に伸びていって、このホームランがその後、打者としての自信につながっていったというのはありますね。

――3年生最後の夏は、富山大会3回戦で敗退しましたが、打席では常に甘い球は見逃しませんでした。森本選手は、普段打席にはどんな意識で立っているのでしょうか?

森本 僕は打席では、自分の打てるポイントに絞れば、絶対に打てると思っています。球がいろんなコースに来ると思ってしまうから、手が出せなくなってしまう。でも、本当にここだけは絶対打つというところを決めれば打てると思って打席に立っていますね。

 

――森本選手は、高校1年生の頃は、外の球が苦手だったと伺いました。

森本 そうなんです。入学当初は打てなかったですね。でも、練習を重ねたら外角の球も右方向に長打が打てるようになりました。実はこれも、僕はポイント次第だと気付いたんです。僕の場合は、インコースが得意だと思っていたので、逆にアウトコースに目を向ければいいと思って、打席に立つようにしました。
 次第に『コースを読む』というよりも、ポイントを絞るだけで体が自然に反応するようになったんです。

――インコースはなぜ得意なのでしょうか?

森本 そうですね、自分自身としてはスイングスピードの速さを求めて練習しているので、その分、パッと回転してインコースに対応できるからだと思っています。
 今年の春頃にスイングスピードを測ったときは、最速153キロでした。150キロ出したいと思って、とにかくバットを振りましたね。

――なるほど、『素振り』をする時は、どのような工夫を持って行っているのでしょうか?

森本 まずは竹バットを使います。数は意識せずに、納得するまでやる。だから、早く終わる時もありますし、延々とやる時もありますね。数は数えてても、集中していると忘れてしまうんです。
 また、素振りをする時は必ずイメージします。ただ“振る”のではなく、『こういう投手がいて、こういうコースに来る』ということをイメージして、一本一本振っていきます。

――コースを想定して振る際に意識しているポイントは?

森本 アウトコースであれば、ワンテンポ 間を置いて振る。インコースなら、速く回らないといけないなど、タイミングの取り方を変えていきます。変化球であれば、タイミングを外されても、低めを拾う練習とか、間の置き方など意識していますね。

――試合でも、その素振りが生きてくるのですね。

森本 これだけ毎日の練習で、自分が納得まで振り込んでおくことで、試合では自分のスイングをすることだけ意識していればよくなるんです。練習では、ひたすらスイングを身に付けることを意識する。試合ではそれを発揮する。そういう思いで、日々取り組んでいますね。

――森本選手がそこまで素振りの大切さに気付いたのは、何がきっかけだったのでしょうか?

森本 高校の時以上に、小中学校の時のほうがもっと素振りに時間をかけていました。高校と比べて、それだけ暇があったんですけど(笑)それでも、一日も欠かさずやっていましたね。
 きっかけは、父です。『素振りしろ!素振りしろ!』とよく言われてました。自分でも野球が好きだったので毎日続けることができました。

【次のページ】 365日続けることで手に入るフォーム

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

森本 龍弥
森本 龍弥 (もりもと・たつや)
  • 高岡第一
  • ポジション:内野手
  • 身長体重:183cm・82kg
  • タイプ:右投右打
  • 北海道日本ハムファイターズドラフト2位(2012年)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第115回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ編 「次の大谷・中田の獲得が課題」【ドラフト特集】
第7回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【後編】 野球も用具も、常に「挑戦」【特別企画】
第6回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【前編】 切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ【特別企画】
第34回 宮西 尚生投手(市立尼崎-北海道日本ハムファイターズ)「自分の現在地を把握すれば、成長度合いは大きく変わってくる」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第33回 宮西 尚生投手(市立尼崎-北海道日本ハムファイターズ)「高校入学時の球速は108キロ!それでもプロにいける器だと感じた理由」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
第480回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「僕は変化することを恐れない」【前編】 【2016年インタビュー】
第477回 北海道日本ハムファイターズ 宮西 尚生投手(市立尼崎出身)「超一流の中継ぎが実践する調整法」 【2016年インタビュー】
森本 龍弥(高岡第一) 【選手名鑑】
高岡第一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー