第120回 中央大学 鍵谷 陽平 投手2012年12月24日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 北海道日本ハムファイターズに指名された中央大学の鍵谷 陽平といえば最速152キロの剛速球右腕。どんな練習をして、150キロの大台までに達したのか。

 鍵谷投手にスピード&パワーをレベルアップさせる独自の理論、また学生時代のトレーニング方法を語っていただきました。

【目次】
[1]鍵谷投手が実際に行っていた中央大トレーニングを一挙紹介!
[2]高校時代の背筋力は260キロ!当時の練習法とは?
[3]質の高い速球を投げるためには


鍵谷投手が実際に行っていた中央大トレーニングを一挙紹介!

中央大学 鍵谷洋平選手

――鍵谷投手は現在、最速152キロの真っ直ぐを投げていますが、どうすれば、そこまでのスピードボールが投げられるのでしょうか?

鍵谷陽平(以下「鍵谷」) 僕は、腕の振りを強く、速く振ることが出来れば、球速は上がると考えています。

――ということは、高校時代と比べると、腕の振りは当時よりも速くなっていると実感していますか?

鍵谷 そうですね。腕の振りを速くするためには、下半身を強くしたり、肩周り、体幹を鍛えないと腕の振りを速くすることは出来ません。そのために、何が必要かということを考えて大学では練習を重ねてきました。

――“腕の振り”といっても、それを速くするためにはすべての筋力を使うんですね。

鍵谷 投げるのは上半身だけではなく、下半身から始まって、体幹に伝わって最後に腕という形になるので、体全体の筋力が必要になってきますね。

――鍵谷選手は、これまでどんなトレーニングを積んできたのでしょうか?

鍵谷 高校時代はとにかく走りました。ウエイトトレーニングは冬場だけでしたね。年間を通じてのウエイトは、大学に入ってからです。今は、ウエイトと走り込みを両立しながら取り組んでいます。主に、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトで大きな筋肉を鍛えて、あとは細かな筋肉も鍛えるのも忘れずにやっていますね。

――ウエイトトレーニングは、週何回のペースでやっていたのでしょうか?

鍵谷 下半身の場合、1日やって2日空けます。その間に上半身、下半身の違うメニューを取り入れたりしています。

「北海高校時代はとにかく走り込みました」

――ちなみに、鍵谷選手の場合、スクワットではどのくらいの重量を持って、行っているのでしょうか?

鍵谷 大学1年の時は110キロでしたが、だんだん重さも上げられるようになって今は180キロですね。8回~12回を1セットとしています。同じ重さと回数で、もう1セットとなると、体力的に難しいですが、8~12回できる重さに減らして、3セットはやりますね。

――体幹を鍛えるためには、どんなトレーニングをしているのですか?

鍵谷 一番は腹筋ですね。メニューは腹筋を鍛えるために、色んな種類のメニューを取り入れていますが、これは毎日続けていて、一日最低でも400回~500回はやっています。また他のトレーニングや練習でも、股関節周りを締める意識で常に練習しています。

――肩周りはどのように鍛えられているのでしょうか?

鍵谷 TRX(サスペンショントレーニング)という器具を使ってやったり、チューブトレーニング、ダンベルなどを使ってやっています。他にも、うつ伏せの状態から、肩甲骨を寄せて上げるトレーニングなど何種類か行っています

【次のページ】 高校時代の背筋力は260キロ!当時の練習法とは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

内川 聖一
鍵谷 陽平 (かぎや・ようへい)
  • 北海高、中央大
  • ポジション:投手
  • 身長体重:177cm・80kg
  • タイプ:右投右打
  • 高校3年夏に甲子園出場。中大進学後は2年春から公式戦に登板。150キロ超の速球とキレのあるスライダーを武器に活躍。今年10月に行われたドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズに3位指名を受けた。大学時代は先発・リリーフを兼任し、プロではマルチな活躍が期待される。
  • 上記データは掲載時のものとなります。

【関連記事】
第586回 阪口 皓亮(北海)「実力を試す舞台はプロの世界と決めている」 【2017年インタビュー】
第115回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ編 「次の大谷・中田の獲得が課題」【ドラフト特集】
第6回 大西健斗(北海)が打ち明けた主将としての苦悩。甲子園で「無」でいられた理由【キャプテン論】
第10回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第98回 甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球【ドラフト特集】
第35回 北海高等学校(南北海道)【3年連続38回出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
第480回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「僕は変化することを恐れない」【前編】 【2016年インタビュー】
鍵谷 陽平(北海) 【選手名鑑】
池田 【高校別データ】
浦幌 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
滝川 【高校別データ】
中大附 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
広尾 【高校別データ】
美唄工・北海道美唄尚栄 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
北海 【高校別データ】
北科大高 【高校別データ】
北海道札幌あすかぜ 【高校別データ】
室蘭大谷 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー