第638回 田中幹也(東海大菅生)「美技の数々は積極的な姿勢と計算尽くされたポジショニングによって生まれた」2018年01月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]田中の守備を築いた中学時代の練習と東海大菅生の先輩から学んだこと
[2]田中選手が甲子園の守備を振り返る
[2]現在の課題は打撃面 打てるショートになって再び全国を目指す


 昨年、甲子園で数々の美技を連発して甲子園のファンを魅了した東海大菅生のショート・田中 幹也。まるで忍者、または牛若丸と表現できる素早い動きから処理し、数々のアウトを演出。東海大菅生の4強入りはこの男の守備力抜きには語れない。

 東海大菅生の若林弘泰監督は田中について「僕が菅生の監督になって、鈴木 昂平(オリックス)、南 要輔(楽天)の2人のショートがプロ入りしていますけど、2人より格段に上手い」と絶賛する。

 今回は田中の野球人生を振り返るとともに、自慢の守備については一問一答形式で振り返っていきたい。

田中の守備を築いた中学時代の練習と東海大菅生の先輩から学んだこと



田中幹也(東海大菅生)

 田中が野球を始めたのが小学校2年生から。ショートを始めたのは5年生から。足は当時から速く、かけっこでは常に1番。素早い動きは当時から発揮をしていた。中学は父の影響で、相模原ボーイズに入部。ここで田中の守備の基礎は作り上げられた。

「僕は動きの速さには自信がありました。特に三遊間の打球に対してはエラーしなかったですし、捕ってからすぐ投げる練習はひたすら繰り返しやっていたと思います。捕ってから投げるまでが速いといわれるのは中学時代の練習があったからだと思います」

 そして東海大菅生に入学。1年生ながらAチームの練習に加わった。「3年生のショートの皆さんはみんなうまかった」と謙遜するが、同級生は口をそろえてすごかったと振り返る。4番を打つ片山 昂星はこう話す。

「僕はあの時、Aチームにはいっていなかったのですが、幹也(田中)だけがAチームにまじっているだけではなく、普通にノックをこなしていて、凄いと感じていました」

 東海大菅生に進んでから一緒に練習していた3年生ショートの助言により守備を極めていく。

「あの時の3年生は郡 怜央さん(現・日大国際関係学部)、落合 宏紀さん(現・東京農業大)がいて、いろいろ教わりました。僕は、送球が苦手だったので、郡さんから足の運び方などを学びました。郡さんは僕とプレースタイルが結構似ているので、いろいろ参考になりましたね」

 1年から公式戦に出場する田中。また普段のノックでは状況判断について学んだ。東海大菅生は1日で平均1時間半~2時間のノックを行う。その中身のほとんどがランナー付きのノック。無死一塁、無死二塁、無死三塁など様々な場面でのノックを繰り返す。矢継ぎ早に場面が入れ替わり、そして絶え間なく飛ぶノックの嵐に「最初はパニックになりそうでした」といいながらも慣れていくと、いろいろ分かったこがある。それはエラーポイントだ。

「これはノックを受けるだけではなく、走者を務めることになるのですが、走っていると、この場面はエラーするなというのが分かります。だとえば外野の中継、きわどいゴロなど。そういう打球に対して自分は先の塁を狙いますが、逆に守備ではそこがエラーする確率が高いので、そこでエラーしないよう心掛けました。東海大菅生のノックは精神面だけではなく、野球脳も鍛えられました」

 若林監督はこのノックについて「表裏一体の意味合いがあり、走者をしっかりやらないと走塁どころか、守備もうまくならない」という。田中はその意味を理解していた。

【次のページ】 田中選手が甲子園の守備を振り返る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

田中 幹也
田中 幹也(たなか みきや)
  • ポジション:遊撃手
  • 身長:166センチ61キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • ■選手名鑑
    田中 幹也
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第455回 東海大菅生(東京)実戦守備のノックで「心、技術、野球脳」の三拍子を鍛える【野球部訪問】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs三本松【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第1回 東海大学菅生高等学校(東京)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs東海大菅生【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大菅生vs青森山田【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第560回 東海大菅生の2年生スラッガー・片山昂星に注目!一番のウリは本塁打の飛距離! 【2017年インタビュー】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
東海大菅生vs日大二【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第525回 ドラフト戦線に急浮上!東海大菅生の右腕・小玉佳吾に熱視線! 【2017年インタビュー】
第390回 東海大学菅生高等学校 伊藤壮汰選手「2年連続準優勝の悔しさを乗り越えて」 【2016年インタビュー】
田中 幹也(東海大菅生) 【選手名鑑】
東海大菅生 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー