第441回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「高い探究心で辿り着いたスラッガーの道」【前編】2016年10月08日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]肉体強化からスタートした中部商時代
[2]ピッチャーが投げた瞬間に振るぐらいポイントが前

肉体強化からスタートした中部商時代

 今季、プチブレイクを果たしたのが埼玉西武の“おかわり君(中村 剛也関連記事)2世”こと山川 穂高だ。打撃成績は49試合(139打数)に出場して打率.259(安打36)、本塁打14、打点32とブレイク寸前を思わせる。目標とするチームメートの中村 剛也が最初に本塁打王になった2008年、128安打中ホームランが46本で、本塁打率(打数÷本塁打=11.4%)の低さが話題になった。それに対して今季の山川の本塁打率は10%を割る9.9という数値である。9.9打数にホームラン1本という数字の凄さは、今季の上位選手と比べてみてもよくわかる。

 今季10本以上のホームランを放った選手の本塁打率ベスト5は次の通り。
1位山川(9.9%、14本塁打)、2位レアード(14.0%、39本塁打)、3位メヒア(14.6%、35本塁打)、4位大谷 翔平(14.7%、22本塁打)、5位中村 剛也(18.4%、21本塁打)

 2位に4ポイント以上差をつけているのがわかる。この山川の今季の本塁打の足跡を追ってみよう。

山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)

◇6/25 〇1号・左3ラン(ロッテ二木 康太
◇7/30 〇2号・右ソロ(オリックス吉田 一将)
◇7/31 ●3号・左2ラン(オリックス東明 大貴)
◇8/14 〇4号・左ソロ(オリックス塚原 頌平
◇8/19 〇5号・左ソロ(ロッテ石川 歩)、〇6号・左ソロ(ロッテ二木 康太
◇8/21 ●7号・左ソロ(ロッテ涌井 秀章)、●8号・右ソロ(ロッテ涌井 秀章
◇9/ 7 〇9号・右満塁(楽天大塚 尚仁
◇9/ 9 〇10号・左2ラン(ロッテ関谷 亮太
◇9/10 〇11号・右ソロ(ソフトバンク千賀 滉大
◇9/11 ●12号・左ソロ(ソフトバンク森 唯斗
◇9/20 〇13号・右ソロ(オリックス岸田 護)、〇14号・左2ラン(オリックス高木 伴

 勝ち試合10本、負け試合4本が示すように、山川がホームランを打ったときの勝率は.714と圧倒的に高い(今季チームの勝率は.457)。方向別では左(レフト)方向9本、右(ライト)方向5本と広角に打ち分けているが、本人には広角に打ち分けている意識は全くないという。

 広角に打ち分けている意識はない、ミートポイントは投手寄り、チェックするのは腕の位置……等々、この取材で山川は現在に至るまでのバッティングの変遷を惜しげもなく話してくれたのだが、そこへ行く前に、高校(沖縄・中部商)時代の話をまず紹介したい。

 中部商時代はどんな選手だったのですかと聞くと、「1、2年生のときは公式戦に1度も出場していないです。練習試合に少し出してもらった程度で」と平凡な高校生活を強調する。なぜ平凡だったのか聞くと、「ただ単に下手でした。体はこれぐらい(176㎝、100kg)ありましたけど、全然打てなくて。ホームランも、1、2年では練習試合で2、3本ぐらいじゃないですか」と言う。

 4番に固定されたのは新チームになった2年秋から。
秋の大会3回戦で負けたその日から変わりました。まず陸上部の先生のところに行って『僕、変わりたいです』と直接言って。やり投げの沖縄県記録を持っている赤嶺 永哲という先生で、その先生から教えられたトレーニングをやってから体つきが変わってきて、バッティングもスイングスピードや飛距離が一気に上がりました。春の沖縄大会に優勝して、春から夏にかけて練習試合で20本近くホームランを打って。そこからですね、ホームランを打ち始めたのは」

 変わろうと思ったら真っ先に陸上部には行かないと思うが、「中部商は陸上が強くて、やり投げの九州チャンピオンがいたり、砲丸、円盤投げの日本一や2位がいたりして、どうしてこの人たちはこんなに強いのかなとずっと思っていて。だからまず体を強くしようと思って。それは僕の判断で、一人で赤嶺先生のところに行きました」と明快に当時の心境を話してくれた。

このページのトップへ

【次のページ】 ピッチャーが投げた瞬間に振るぐらいポイントが前

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山川穂高
山川 穂高(やまかわ・ほたか)
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 経歴:中部商-富士大-埼玉西武ライオンズ
  • ポジション:内野手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長体重:176センチ100キロ
  • 生年月日:1991年11月23日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第143回 埼玉西武ライオンズ・伊藤 翔 開幕一軍入りで開けた 「独立リーグ経由NPB」の選択肢【ドラフト特集】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第132回 球児がENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017で印象に残ったシーン・選手とは?!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第470回 埼玉西武ライオンズ 髙橋 光成投手「『目の前に』集中すれば、どんなことも乗り切れる」 【2016年インタビュー】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
第138回 第1回WBC胴上げ投手・大塚晶文氏と埼玉西武3位の伊藤翔の知られざる関係性。そして伊藤へ熱いエール!【ドラフト特集】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
中部商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー