印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第186回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手2014年04月21日

【目次】
[1]八幡商業高時代の恩師・池川隼人監督は、当時をこう語る
[2]高校時代を振り返る
[3]グラブ選びのPOINTとメンタル

 大学時代は、三重中京大のエースとして大学選手権1回戦で、20奪三振を記録した則本 昂大投手。
 プロ入り後、新人としては55年ぶりの開幕投手を務め、先発投手として活躍。15勝を挙げて、リーグ優勝、日本一に貢献。さらに、新人王を獲得し、今年はエースとしてさらなる活躍が期待される。

 則本投手の魅力は150キロを超える球速面だけではない。回転数が高く、球が高めに伸びていくのだ。高めのストレートを決め球に、空振り三振を量産してきた。さらに、絶対に打たれたくないという気迫がそれを後押しした。本人の気迫が乗り移ったようなストレートは、分かっていても前へ飛ばせない凄味があった。それは学生時代からそうだった。

 

八幡商業高時代の恩師・池川隼人監督は、当時をこう語る

「今では150キロを投げていますが、当時は140キロ弱で、常時135キロ前後ぐらいの投手でした。彼のウリである強気なマウンドさばき、負けん気の強さは高校時代からありました。
 でもそれ以上に感心したのが研究熱心なこと。変化球に強いこだわりがあって、どういう握りをして、どういうリリースをすれば、キレのある変化球を投げられるのか。そのためにプロ野球の映像を見ながら、研究を重ねていました。投球については私が言わなくても自ら取り組める子でした」

 今回は、そんな則本投手に学生時代に取り組んだ練習や、フォームについてのお話などを語っていただいた。

このページのトップへ

【次のページ】 高校時代を振り返る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

則本昂大
則本 昂大(のりもと・たかひろ)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 経歴:八幡商業高等学校-三重中京大学-東北楽天ゴールデンイーグルス
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:178センチ/82キロ
  • 出身地:滋賀県
  • 生年月日:1990年12月17日
【関連記事】
第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?【大会展望・総括コラム】
第67回 01年夏の近江の準優勝以降に躍進、18年春センバツは彦根東など3校選出【滋賀・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第122回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「ドラフト1位の筆頭候補はスラッガータイプ」【ドラフト特集】
第107回 WBCで注目している選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第47回 近江兄弟社高等学校(滋賀)【冬が僕らを強くする2017】
第349回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手 「東北、そして日本の大エースへの道程」 【2015年インタビュー】
第170回 シアトル・マリナーズ 岩隈 久志 投手 【2014年インタビュー】
第109回 東北楽天ゴールデンイーグルス 聖澤 諒 選手 【2012年インタビュー】
八幡商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー