うちのキャプテンのすごいところ!【出動!球児に聞き隊!】2017年06月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回は「うちのキャプテンのすごいところ」をお聞きしました!キャプテンは「チームを引っ張る・チームを代表する」存在です。キャプテンにもさまざまなタイプが存在すると思います。うちのキャプテンのすごいところとはどんなところでしょうか?

うちのキャプテンのすごいところ!

上宮太子・中山泰斗「他の人が気づかないことに気付ける視野の広さ」
上溝南・菅谷亮「非常に周りが見えている(視野が広い)」

 上宮太子主将・中山 泰斗と上溝南主将・菅谷 亮の共通点は「視野が広い」ということ。主将はチーム全体を見なくてはならない、責任と義務があります。さまざまなことに気づき、行動に移すことができるのは強いチームに必要不可欠なことです。おそらく両主将ともに、チームメートからの信頼が厚いことでしょう。

享栄・ベーグ昇太ハッサンアリー「明るく引っ張っていける。頼りがいがある」
 先日、早稲田実業招待試合を行った享栄。その享栄の主将である、ベーグ昇太ハッサンアリーはパキスタンと日本のハーフ選手。彼は持ち前の明るさでチームを引っ張っているようです。チームメイトからの信頼も厚く、チームから愛されているキャプテンと言えるでしょう。

 また他では、世田谷学園の太田 祐介主将に対してチームメートは、「ON・OFFの切り替えがすごい」とコメント。練習ではとても厳しいようですが、練習から離れるととても優しいそうです。「やるときはやる!」という気持ちの表れでしょうね。

 以上となります。今後も、各地の球児を直撃し、考えの傾向やトレンドを紹介していきたいと思います!乞うご期待!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第502回 星城(愛知)【後編】「愛知私学4強との対決を制し、下克上実現へ」【野球部訪問】
第501回 星城(愛知)【前編】「愛知の名指導者が就任。気配り・目配りで選手が成長」【野球部訪問】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第706回 好カード続出!?1つも気が抜けない今年の西東京を抜け出すのは?【大会展望・総括コラム】
享栄vs至学館【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
享栄vs天白【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
東海大菅生vs世田谷学園【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
世田谷学園vs京華商【東京都 2018年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
明星vs世田谷学園【東京都 2017年秋の大会 東京都大会】
第138回 中日ドラゴンズ 大島 洋平 選手 【2013年インタビュー】
上宮太子 【高校別データ】
享栄 【高校別データ】
上溝南 【高校別データ】
世田谷学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム