第15回 甲子園初出場を決めた高川学園の野球ノート! (第1回)2016年08月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【寮監督と、球児たち 毎日綴った甲子園への思い―】

8月9日発売の話題の新刊!!累計15万部突破の
野球ノートに書いた甲子園4』の発売を記念して、今回は特別にこの夏、甲子園に初出場を決めた高川学園の野球ノートの物語をお届けします!

 2016年。ついに夏の甲子園初出場を果たした山口県の高川学園
初戦で、履正社に1対5で敗れたが、チームにとって大きな一歩を踏み出したことは確かだ。今回は、2013年に取材した高川学園野球部の選手と、当時コーチだった中野智弘部長との野球ノートを通じたお話を3回連載で紹介していく。記事は2013年刊行の「野球ノートに書いた甲子園」に掲載中!

5/48 のノート

高川学園野球部練習風景(高川学園高等学校)

 2013年、夏の山口大会高川学園高校は優勝候補の最右翼として名前を挙げられるようになっていた。
春の中国大会では、決勝で大会屈指の右腕、広島県・瀬戸内高校(2013年甲子園広島県代表)のエース山岡 泰輔を打ち崩し6対5で優勝。夏の山口大会が始まっても、決勝まで4試合で41安打39得点。実に3試合をコールドで下す、圧倒的な打力を誇っていた。悲願の甲子園まであと1勝。決勝の相手は、春の甲子園大会に出場した岩国商業高校だった。

 この年の高川学園高校の歩みは決して順風満帆ではなかった。コーチでもあり寮監督を務める中野 智弘は、チームをこう振り返る。
「現在の3年生には、1年生のころから試合に出ている選手が多くて、上の世代のチームでも中心になれる選手がいっぱいいたんです。でも、ことごとく結果を出すことができなかった」

 1年前の夏の大会は2回戦で敗退。新チームでは実戦経験豊富な3年生たちが中心となり、練習試合で結果を出す。しかし、秋季大会では同じく2回戦で柳井学園に3対5で屈した。「今年こそ」の思いは、残酷にも大きな壁に跳ね返された。
それでも、選手たちはあきらめなかった。

「秋の大会で負けてから、意識がさらにグッと上がってきたように思います。朝から1000本、2000本のスイングをする。練習でも多いときは、一日でひとり9000本振っていた。もう振って振って、手がボロボロになっても振っている……。敗戦を力に変えていたと思います」
その成果は、春先から一気に現れる。4月以降、公式戦は無敗。中国大会も制した。

【次のページ】 甲子園初出場を決めた高川学園の野球ノート! (第1回)(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第86回 出動!球児に聞き隊!【今夏の甲子園で、最も印象に残っている試合は?】【野球総合研究所】
第17回 高川学園の野球ノート【第3回】 「最後の夏、始まりの夏に書いたこと」【野球ノートに書いた甲子園・WEBSITE版】
第16回 高川学園の野球ノート【第2回】「寮監督と、球児たち 毎日綴った甲子園への思い」【野球ノートに書いた甲子園・WEBSITE版】
履正社vs高川学園【第98回全国高等学校野球選手権大会】
第43回 履正社ヒストリー!山田哲人がいた2010年をきっかけに甲子園常連チームへ駆け上がる【夏の大会特集2016】
第42回 今井(中京)、寺島(履正社)、藤嶋(東邦)と大会2日目はドラフト候補が多数登場!【夏の大会特集2016】
広島新庄vs高川学園【2013年秋の大会 第121回(平成25年度秋季)中国地区高校野球大会】
高川学園vs岡山理大附【2013年秋の大会 第121回(平成25年度秋季)中国地区高校野球大会】
高川学園vs瀬戸内【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
高川学園vs開星【2013年春の大会 第120回(平成25年度春季)中国地区高等学校野球大会】
高川学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム