第35回 野球肘研究会代表・高原政利に聞く!肩、肘を守るためには?2014年11月27日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部のフォトギャラリーもチェック!
[1]アイシング、ウォーミングアップがいつもより長いのは故障前のケガの兆候
[2]肩、肘への負担が少ないフォームとは
[3]遠投のやりすぎは危険 10球以内が望ましい
[4]投げ終わった後のケアの仕方が怪我の回避につながる!「スリーパーストレッチ」

遠投のやりすぎは危険 10球以内が望ましい

オリックスドラフト1位の山崎 福也(明治大)選手の遠投
全力投球はせず、軽やかなフォームで遠投を繰り返していた

 また、あまり知られていないが、遠投は肩肘を壊しやすいリスクがあるようだ。プロ野球選手が遠投の重要性を語り、それをみて、遠投を練習に取り入れる高校球児も多いが、やりすぎはいけないと高原代表は説明する。

「どうしてケガをしたの?と聞けば、遠投をやって肩を痛めた、肘を痛めたという子が多いんです。正しいやり方というのもあるし、遠投をやりすぎると、故障するリスクも高くなっていきます。研究をして、遠投は10球以内ならば、痛みも少ないですし、多く投げた子よりもそのパフォーマンスが高いことが分かっています」

 だが、あるトップ選手は遠投を調整に入れていて、その投手は目立った故障歴はない。プロの選手はどういう遠投をしているのだろうか。

「私もプロ選手の遠投を見たことがありますが、彼らは上半身はリラックスした状態で、下半身と股関節をしっかりと使いながら投げています。先ほどまで説明したように、股関節がしっかりと回旋した状態でありながら、腕の振りはリラックスした状態で投げることができています。股関節をしっかりと回旋させず、上半身だけに思いきり力を入れた遠投をすればすぐ壊れます」

 遠投は、正しい投球動作を作り上げる一つの方法だが、やり方を間違えたり、投球数が多いほど、故障のリスクが高くなることが分かる。

ベストパフォーマンスを発揮するためのけが予防

このページのトップへ

【次のページ】 投げ終わった後のケアの仕方が怪我の回避につながる!「スリーパーストレッチ」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第134回 練習真っ盛りのこの時期に、球児が実践するケガ防止の秘策とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第3回 【動画】斎藤 隆が紹介する「2種類の遠投」【斎藤 隆の勝てるピッチング講座】
第168回 わき腹の痛みや肉離れとその予防法について紹介!【セルフコンディショニングのススメ】
第166回 新入生が知っておきたい身体のこと【セルフコンディショニングのススメ】
第165回 毎日のセルフチェックでケガを予防しよう【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム