印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第178回 テニスボールを使った疲労回復法2017年09月30日

【目次】
[1]筋疲労からくる腰痛を軽減させる
[2]足底のアーチを改善させる

足底のアーチを改善させる

(図3)テニスボールを使って疲労のたまりやすい足底をほぐす

■足底のアーチを改善させる
練習量や強度によって筋疲労が蓄積されますが、足底のアーチも筋肉によって支えられているため、疲労がたまると少しずつアーチの高さも落ちてくることが考えられます。特に足底は小さな面積しかないにも関わらず、全体重を支えていますし、ジャンプ動作などによっては体重の数倍もの力がかかることになります。足の機能が低下し、足関節の柔軟性が低下してしまうと、その上にのっている膝や腰などはその影響を大きく受け、筋肉の張りや痛みとなって現れることになります。足底はなかなかストレッチしにくい部位でもありますので、テニスボールを使うと比較的簡単に筋肉をほぐすことが出来ます。裸足になって足裏にテニスボールを置き、適度な圧をかけながら足裏をほぐすようにしましょう。左右ともに行います。

足裏のケアはゴルフボールでもよいのですが、少し硬く感じる人もいると思います。その点、テニスボールは適度な硬さが筋肉を刺激し、使いやすいと思います。スポーツ用品店や100円均一ショップなどでも購入ができ、比較的手軽に行うことができますので、セルフコンディショニングの一つとしてぜひ取り入れてみてくださいね。

(文=西村 典子

注目記事
2017年秋季大会特設ページ 〜選抜への道〜

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第182回 シンスプリントを起こしやすい選手の特徴【セルフコンディショニングのススメ】
第181回 今日から始める疲労回復マネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第180回 ランニングシューズを見直そう【セルフコンディショニングのススメ】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第177回 肩甲骨の動きをよくするエクササイズ【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム