第700回 関東大会でデビューを果たしたスーパー1年生たち!2018年05月31日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   


左から井上朋也(花咲徳栄) 諸隈惟大(東海大相模)

 健大高崎で優勝で幕が閉じた春季関東大会。逸材シリーズは3年生編(投手編・野手編)、2年生編に続いて最終回はスーパー1年生編です。

2年後が楽しみなゴールデンルーキーたち

 

 今大会、最も売り出したスーパー1年生といえば、井上 朋也花咲徳栄)だろう。専大松戸戦の8回表、反撃ののろしを上げるライトへの2ランで鮮烈デビューを飾った。井上の良いところはとにかく振ろうという姿勢である。一打席目からフルスイング。空振り三振を恐れないスタイルは気持ちが良い。180センチ80キロと恵まれた体格を生かしたスイングは豪快で、とても1年生とは思えない。専大松戸戦では5打数1安打だったが、東海大相模戦では5打数3安打とだんだん内容を残している点が素晴らしい。期待のスラッガーとして今後の進化が楽しみである。

 同じ1年生では山梨学院の栗田勇雅も日大三戦で本塁打を放つデビュー。すでに正捕手に座る栗田は攻守ともに1年生離れしており、さらなる進化に期待がかかる。

 東海大相模加藤 響はショートでスタメン出場。2学年先輩の小松 勇輝とはタイプが違うが、小松にはないスケールの大きさ、パワー、肩の強さがある。小松は優秀な野球選手。加藤は粗削りだが、プロ受けするショートストップ。小松からショートの座を奪い取るつもりで、取り組んでほしい。

 投手では東海大相模の諸隈惟大、木更津総合篠木 健太郎が目を惹いた。諸隈は左スリークォーターから130キロ前後の速球とスライダーを売りにする好左腕。将来の堀 瑞輝タイプで、しっかりと体を作ってほしい。そして篠木はすでに135キロ前後の速球とスライダーを売りにする好右腕。フォームの土台もよく、健大高崎戦では8回裏、無死満塁のピンチから登板し、2失点を喫したがしっかりとしのぎ切った精神力の強さが光った。

 このまま順調に伸びていけば、夏には先発をしていてもおかしくない。これほど1年生が目立つ大会もなかった。彼らには最終学年になって関東、そして全国を代表する選手になることを期待したい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第705回 本命不在の参加校数最多の東東京を制するチームは!【大会展望・総括コラム】
第718回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第702回 【北神奈川展望】北神奈川は序盤から好カードが続出!各ブロックの見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第701回 【南神奈川展望】3連覇を狙う横浜はそのまま突き進むか?対抗馬は横浜隼人、藤嶺藤沢【大会展望・総括コラム】
第155回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.1 「柴田颯、今里凌、小幡竜平」【ドラフト特集】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs土浦日大【2018年 練習試合(交流試合)・春】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム