第493回 【東東京展望】第1シード帝京、3連覇を目指す関東一が一歩リードも大混戦2017年06月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]シード校、ノーシード校で少ない実力差
[2]ノーシードでも力がある東海大高輪台、修徳 / 目立たなくても実力派選手揃い

 早稲田実業の怪物・清宮 幸太郎の本塁打記録に高校野球の枠を超えて関心が高まる中、6月17日には組み合わせ抽選会も行われることになっており、東京でも夏の大会が近づいてきた。清宮の高校最後の夏だけに、第99回の今年は、特別な夏になりそうだ。組み合わせ抽選会の見どころも交え、東西東京大会を展望する。

シード校、ノーシード校で少ない実力差

松澤 海渡(帝京)

 春季都大会4強、第1シードで帝京が、8強の関東一二松学舎大附東京実とともに四隅のシードで、16強の実践学園朋優学院共栄学園もシード校になった。

 今年の傾向として、苦戦しながらもチーム力を上げていったチームが春は勝ち上がり、夏のシード校になった半面、注目の選手がいながら、対戦運の悪さや、チームとしての力を発揮できず早々に敗れ、ノーシードになったチームも多い。言い換えれば、ノーシードのチームでも、その後の仕上がり次第で優勝に絡む可能性は十分にある。シード校とノーシード校の実力差は少なく、大会序盤から好カードが予想される。

 混戦の中でややリードしているのが、第1シードの帝京と、3連覇を目指す関東一だ。帝京は、エース格の松澤 海渡は好不調の波があるものの、最速が140キロを超えるなど、力を付けている。俊足で長打力もある佐々木俊輔を中心に、田中 麟太郎田中 悠我ら、長打力のある選手が並ぶ。

 関東一は最速145キロの長身のエース・高橋 晴がチームの柱。控えの小川 樹も最速が140キロを超え、打線も粒がそろっている。ただし、春は重要な場面で失策により失点するなど、関東一らしからぬ面もあった。打線の中心でありながら、春欠場の石橋 康太の復調具合とともに、チームとしての仕上がりが気になるところだ。

 二松学舎大附は、パワフルで足も速い永井 敦士を軸に、俊足の鳥羽 晃平、長打力のある平間 陸斗ら、打力は東東京でトップクラス。エースの市川 睦が、どこまで自分の投球が出来るかがカギとなる。

【次のページ】 ノーシードでも力がある東海大高輪台、修徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
二松学舎大附vs明桜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第564回 ベスト16入りを決める4チームは?甲子園6日目4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第42回 二松学舎大学附属高等学校(東東京)【3年ぶり2回目出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第558回 ミレニアム世代のスラッガーが集結!甲子園を熱狂させるバッターは誰だ!?【大会展望・総括コラム】
第557回 清宮、安田がいなくても今年の高校生野手はハイレベル!甲子園を盛り上げる逸材を一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第554回 エースが生まれ変わり、二松学舎大附が甲子園に!【東東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
二松学舎大附vs東海大高輪台【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
二松学舎大附vs関東一【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
帝京第五vs今治東【愛媛県 2017年夏の大会 第99回選手権愛媛大会】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
第555回 高橋晴(関東一)「エースとしての自覚、主将としての自覚」 【2017年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
第473回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「ドラフト6位でもハートの強さで這い上がる!」【後編】 【2016年インタビュー】
第472回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「勢いで投げていた1年夏と投げる怖さを知った2年夏」【前編】 【2016年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
共栄学園 【高校別データ】
実践学園 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東京実 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
朋優学院 【高校別データ】
コメント (6)
チャンス到来2017.07.03 前田監督大フアン
前田監督が尊敬する池田蔦監督1986優勝時と
今年のチーム似ている。=全員野球
なんとしても勝ってほしい。


https://youtu.be/F2XXxxlzOYk
今年は!2017.06.19 10年来の帝京ファン
ここ何年か甲子園から遠ざかっている帝京。今年は第一シード!実力No.1なんで大きなミスをしなければ行けると思います!見せてくれ!強力打線!見せてくれ!帝京魂!。
高輪台の底力を信じる2017.06.17 高輪台
全国の東海大付属高校で校内グラウンドが無いという条件ながら、埼玉県の自校グラウンドへの遠征の日々を乗り越えている毎日。後援会の今年は力こぶ入れてる!
まずは神宮へ2017.06.17 ゆう
一戦一戦チーム一丸で粘り強く闘っていこう!
絶対行くぞ!2017.06.17 二松の女神
前評判なんて関係ない!
高校生同士、やってみなきゃわからない。
ビビることなく、堂々と戦おう!
そして投げ勝とう!

二松学舎、絶対、甲子園いくぞー\(^o^)/
今年こそ!2017.06.15 太陽の如く生きよう
ガンバレ堀越!!

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム