第461回 【準々決勝展望】ついに準々決勝!激戦が予想される4試合の見所を徹底解説!2017年03月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

根尾昂(大阪桐蔭)

 3月19日に開幕した第89回選抜高校野球大会もついに準々決勝を迎えた。本日行われる準々決勝の見どころを紹介していきたい。前回に引き続き高校野球レポーター・芹 玲那さんから4試合の見どころについてもコメントをいただいております!

履正社(大阪)vs盛岡大付(岩手)

 履正社はここまで2試合、辛勝。まだ投打ともにピークに達していない状態だ。

 この試合のカギを握るのは3番安田 尚憲、4番若林 将平だ。2人が主軸にふさわしい活躍を見せた時、一気に打線は活気づくだろう。そしてエース竹田 祐市立呉戦で見せたコーナーワークを意識したピッチングを発揮し、強力な盛岡大附打線を抑えて、最少失点に抑えていきたい。

 対する盛岡大附は、打線の状態がかなり仕上がっており、上位、下位ともに切れ目がなく、どこからでも長打が打てる怖い打線となっている。さらに代打起用、代走起用も当たっており、勝負所の選手起用にも注目だ。

 投手は、前年の選抜覇者・智辯学園で1失点完投勝利を挙げ、大きく自信をつけた三浦 瑞樹、そして最速145キロ右腕・平松 竜也もスタンバイ。万全の状態で、履正社打線に立ち向かう。

高校野球レポーター・芹 玲那さんの見どころ!
まず注目したいのが、竹田 祐投手のピッチングです!
一回戦で強打の日大三打線から10奪三振。
二回戦(vs市呉)では2安打完封!
自己最速となる145キロを記録した昨秋の明治神宮大会決勝で感じたエースの貫禄。
このセンバツでさらに凄みが増しています!
マウンド上での立ち振る舞いにも是非注目して頂きたいです。
そして、打線も安田選手や若林選手を筆頭に強い選手ばかり。
球場で観戦していると、履正社はチームとして球場の雰囲気を変える力を持っているなと感じます。盛岡大附は、二回戦(vs智辯学園)で昨夏も甲子園を経験している背番号10・三浦選手が4安打1失点と好投!
さらにはエースナンバーを背負う平松投手もいます。
打線は選手たちのフルスイングがとても印象的!
ベンチの雰囲気も良く、盛岡大附の試合を観るのが楽しみになっています。
礼が深かったりと、高校球児として姿にも惹かれるチームです。
そんなところにも注目して見て頂きたい試合です!

報徳学園(兵庫)vs福岡大大濠(福岡)

 報徳学園はエース・西垣 雅矢の投球がカギ。今大会、16回を投げて無失点の快投を見せており、この試合でも、少ない失点が期待できるだろう。また西垣をリードする篠原 翔太も1.8秒台の強肩、西垣の持ち味を引き出す好リードが光る。打撃は1番小園 海斗、2番永山裕真の俊足コンビ、3番片岡 心、4番篠原と4人がキーマン。機動力を絡めて、先制攻撃を仕掛けていきたい。

 福岡大大濠は、エース三浦 銀二が1人でここまで投げ抜いてきた。常に100の力を出すのではなく、普段は7割~8割。ここぞというときに、140キロ中盤の速球で相手打者をねじ伏せる投球。力の入れどころ、抜きどころがわかっている投手である。疲労はかなりのものだが、三浦らしい投球を見せれば、少ない失点が期待できる投手である。リードする古賀 悠斗も、三浦の持ち味を引き出す好リードが光っており、自慢の強肩で俊足揃いの報徳学園野手陣にプレッシャーをかけていきたい。

高校野球レポーター・芹 玲那さんの見どころ!
今大会限りで勇退される永田監督に“笑顔を“と奮闘する「全員野球」の報徳学園
エース・三浦 銀二選手の力投、投手を援護しようと奮起する野手陣の姿にチームの纏まりを感じる福岡大大濠。
“チーム力”はどちらも出場校の中でトップレベルだと感じます!
報徳学園のエース・西垣 雅矢選手はここまで16イニング連続無失点と、甲子園でどんどん成長しているのではないでしょうか。
西垣・篠原バッテリーが福岡大大濠打線に対してどんなピッチングをするのか注目です!
打線も勢いがありますが、もう一つ注目して頂きたいポイントが岡本蒼主将。
スタメンではなかった前橋育英戦では、ベンチ前で選手たちに声をかけ、背中を叩いて力強くグラウンドへ送り出していたりと、チーム全体を見ている頼もしい主将です!
福岡大大濠は、三浦投手がここまでの三試合で475球。
疲労が心配ですが、昨日の再試合(vs滋賀学園)でも9回に140キロを越える気迫のピッチング!
「マウンドを誰にも譲りたくない」という正にエースタイプな三浦投手の投球からは目が離せません。
福岡大大濠はアルプスの応援もすごいので、こちらも観戦の大きな楽しみですね!

【次のページ】 【準々決勝展望】ついに準々決勝!激戦が予想される4試合の見所を徹底解説!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第487回 明日近畿開幕!大阪桐蔭は智弁和歌山と対戦!各試合の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs健大高崎【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第7回 健大高崎(群馬)葛原美峰コーチ流ゲームプラン立案メソッド 「隙間の無いチームは確率と密度で勝負する」【Vol.3】【名将たちの言葉】
健大高崎vs山梨学院【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
健大高崎vs石岡一【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第6回 報徳学園高等学校(兵庫)永田裕治元監督「全員野球のメリット」【Vol.1】【名将たちの言葉】
第484回 本日開幕!関東を盛り上げるミレニアム世代を先取り!【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第432回 高崎健康福祉大学高崎高等学校(群馬)「対応は柔軟、プレッシャーは一貫」【Vol.1】【野球部訪問】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大体大浪商【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第512回 福岡大大濠 古賀悠斗選手「捕手経験ゼロの僕が成長できた理由」 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第493回 大阪桐蔭高等学校 根尾 昂選手「投手としてはチームに勢いを、打者としてはチャンスを作り、還せる選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
東海大福岡 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム