第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ2017年09月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップで一番評価を上げた選手は、田浦 文丸秀岳館)だろう。リリーフを中心に13.1回を投げて29奪三振。最多奪三振とベストナインのリリーフ部門を受賞し、この大会で人生を変えた投手だった。その投球を紐解くと、田浦のピッチングは左腕投手のピッチングの基本を実践していた投手だといえる。


田浦文丸(秀岳館)


右打者への配球

 田浦はストレートの球速が140キロ前後と決して突出して速いわけではないが、回転数が非常に高く、球速表示以上に勢いを感じさせる。素晴らしいのはストレートのコマンド能力。内角、外角へギリギリにコントロールする制球力の高さは田浦自身を助けることができていた。田浦の代名詞となったチェンジアップ。チェンジアップの基本的な握りであるOkボールの握りからスクリュー気味に落ちるチェンジアップで、世界の打者を翻弄した。

 ストレートとチェンジアップのコンビネーションが抜群だった。投球を振り返れば、初登板となったアメリカ戦。田浦は6回のピンチから登板し、スライダー、チェンジアップを中心に追い込んでから、最後は右打者の内角ストレートで見逃し三振。リードする古賀悠斗の攻めも素晴らしく、相手打者の裏をかく配球だった。


左打者への配球

 それからは快調なピッチング。田浦は「外国人の打者はどんどん振ってくるので、自分にとって投げやすかったです」と語るように、大会期間中のピッチングは打者を見下ろすようなピッチングだった。左打者にはスライダーを決め球に、右打者にはチェンジアップを決め球に多くの三振を積み上げた。かといって、変化球に頼りせず、ここぞという場面ではストレートで厳しいところに投げ込むなど、攻めの気持ちを忘れなかった。変化球多様する場面、ストレートで押す場面を、打者の反応を見ながら投げ込んでおり、まさに技巧派左腕のお手本といっていい投球だ。

 ストレートも今大会145キロを計測するなど、ストレートにも力があった田浦。魔球・チェンジアップで評価を上げた田浦だが、内外角に投げ分ける制球力の高さもあり打者を見ながら状況に応じて配球を組み立てる田浦のピッチングは高い評価を受けるだろう。

 プロ志望だという田浦。ドラフト会議ではどんな評価を受けて、プロ入りの扉をこじ開けるか楽しみだ。

(文=河嶋 宗一

注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第10回 世界の高校球児にインタビュー!台湾編「来年のアジア選手権でもマークしたい郭天信選手」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第102回 清宮幸太郎が歴史に残るスラッガーになるにはしっかりとした準備期間が必要だ【ドラフト特集】
第12回 U18を終えて 増田珠(横浜)「諦めず、自分のスタイルを貫けば、必ず報われる 」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第11回 U18を終えて 中村 奨成(広陵)「最終的なゴールはプロでプレーして活躍すること」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs千葉工大【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
田浦 文丸(秀岳館) 【選手名鑑】
秀岳館 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム