第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」2017年09月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

安田尚憲(履正社)

見たことがない世界でした

 今大会、サードというポジションで声を出して盛り上げて、仲間に声かけて気を配ることを意識しました。

 バッティングですが、難しかったですね。木製バットは普段から使って練習をしていたので、対応については問題ありません。(※履正社は平日の打撃練習では木製バットを使う)

 ただやっぱり打席に立って海外の投手と対戦してどう打つのか?そこに苦労しました。最後まで、思うようにいきませんでしたね。海外投手の速いスピードボールに対して、体が前に突っ込んでしまい、自分の打撃フォームで打つことができませんでした。

 しかし海外でこれほどレベルが高い投手と対戦できたのは良かったと思います。中でもアメリカの抑え投手であるジョン・ギン君は本当に速かったです。150キロを超えるうえに、ストレートでもボールが曲がりますし...。見たことがない世界でした。

 そういう世界を知って、結果があまり出なかったことは、改めて野球は甘くないんだなと感じることができましたし、いろいろなタイプと対戦できたことは、日本に帰ってからの練習で生きてくると思います。

 自分のバッティングを見つめ直す意味では、今回の国際大会は良い大会でしたし、自分を成長できる場所だったと思います。


▼そんな安田選手の動画インタビューはこちら
【動画インタビュー】安田 尚憲(履正社・侍ジャパンU-18代表)


注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)【大会展望・総括コラム】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
智辯和歌山vs履正社【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第600回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「振ってから回す」【前編】 【2017年インタビュー】
第128回 今年の高校生野手はビッグ4に注目だ!4人に続く好野手は?【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第585回 宮本 丈(履正社ー奈良学園大)「周りに左右されず、自分のやるべきことを積み重ねるだけ」 【2017年インタビュー】
履正社vs大阪商大堺【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
履正社vs初芝立命館【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
履正社vs関西創価【大阪府 2017年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム