第7回 夏準優勝!早稲田実業の2017年夏の軌跡2017年07月31日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

清宮 幸太郎(写真は美里工戦より)

 7月30日、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会では、明治神宮野球場にて決勝戦が行われた。

 注目の早稲田実業は準優勝で終わったが、そんな早稲田実業のここまでの歩みを振り返ってみよう。

早稲田実業の夏の結果を振り返る

【3回戦】都立南平
早稲田実業の初戦は、9対2の8回コールドで勝利。清宮 幸太郎が夏初打席でいきなり高校通算104号となる2ランホームランを放つなどの活躍を見せ、チームに勢いを与えた。
イニングスコア&速報ページ
試合レポートはこちら

【4回戦】都立芦花
2回戦では、部員15名ながら、前戦で帝京八王子に逆転勝利を挙げた都立芦花と対戦。清宮 幸太郎は逆方向への満塁弾を放ち高校通算105号を記録。チームは14対0の7回コールドで勝利を挙げた。
イニングスコア&速報ページ
試合レポートはこちら

【5回戦】法政大高
早稲田実業はエース雪山 幹太が好投し、5対0で完封勝利。清宮 幸太郎高校通算106号を放った他、三塁打、二塁打も記録し活躍を見せた。
イニングスコア&速報ページ
試合レポートはこちら

【準々決勝】日本学園
33年ぶりに準々決勝に進出した日本学園との対戦。清宮 幸太郎の本塁打はなかったが、早稲田実業が5対1で勝利を挙げた。
イニングスコア&速報ページ
試合レポートはこちら

【準決勝】八王子
準決勝では、早稲田実業は昨夏の準々決勝で敗れた八王子と対戦。清宮 幸太郎は相手エース・米原 大地から高校通算本塁打の最多記録に並ぶ107本目を放ち、チームの勝利に貢献。昨夏のリベンジを果たし、決勝進出を決めた。
イニングスコア&速報ページ
試合レポートはこちら

【決勝】東海大菅生
3万人の大観衆の中で行われた決勝戦。試合は6対2で東海大菅生が勝利し、早稲田実業は惜しくも甲子園出場を逃した。また、注目されていた清宮 幸太郎の本塁打も出なかった。
イニングスコア&速報ページ
試合レポートはこちら

次の早稲田実業はどんなチーム?
 惜しくも甲子園出場はならなかった。それでも秋では東京都をリードするチームであることは変わりない。捕手からエースとなった雪山 幹太が6試合先発で好投。野村 大樹も、捕手として成果を見せた。中川 広渡赤嶺 大哉石井 豪といった下級生から経験豊富の2年生投手に加え、1年生では、最速136キロ右腕・伊藤 大征の成長に期待。野手はショートの野田 優人、センター・横山 優斗、1年生サードの生沼 弥真人とセンターラインが残っており、戦えるチームであること。ぜひ選抜を目指す新チームにも注目していただきたい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 「大井監督と甲子園へ、そして全国制覇へ」日本文理(新潟)の戦力を徹底分析【夏の大会特集2017】
第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第96回 驚弾の連続だった夏の清宮幸太郎 108本目はU-18で【ドラフト特集】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第548回 西東京決勝!早稲田実業vs東海大菅生の勝負のポイントを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第543回 西東京準決勝!早稲田実業vs八王子、日大二vs東海大菅生の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
早稲田実業vs八王子【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
早稲田実業vs日本学園【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第559回 櫻井 周斗(日大三)「苦しみを乗り越えた先に 甲子園出場が待っている」 【2017年インタビュー】
早稲田実業vs法政大高【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第558回 小玉 佳吾(東海大菅生)「自分が打って、抑えて、東海大菅生の名を轟かせたい」 【2017年インタビュー】
早稲田実業vs都立芦花【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第483回 清宮 幸太郎選手(早稲田実業)「フォア・ザ・チーム」で全部勝つ 【2017年インタビュー】
第465回 負けるたびに強くなる“清宮幸太郎”という大きな存在 【2016年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム