第36回 努力を讃えたい四国地区7人衆は?寺下友徳氏が選抜!チーム特別賞には聖カタリナも!2016年08月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チームの柱として戦い抜いた!植田・三好・三瀬・山本!
[2]まだまだ続く7人衆!山内・近藤・渡辺を選出!
[3]チーム特別賞も発表!!

 7月29日、愛媛徳島両大会決勝を最後に四国地区開催の2015~2016年シーズン高校野球はその幕を閉じた。瞼を閉じれば香川県、徳島県、愛媛県、高知県……。様々な選手たちのプレーが目に浮かんでくる。
その中で今回は悩みに悩みながらも「努力を讃えたい7人」を厳選。四国地区限定「チーム特別賞」も添えて、激闘のシーズンを振り返ってみたい。

チームの柱として戦い抜いた!植田・三好・三瀬・山本!

植田 響介(高松商)

■1.植田 響介(香川・高松商3年・捕手・181センチ85キロ・右投右打・東かがわ市立白鳥中出身)

 香川大会準々決勝丸亀戦での3本塁打でインパクトを与えた一方で、最も光ったのはリード面。浦 大輝多田 宗太郎の昨秋2本柱がけが、不調。さらに美濃 晃成も大会前最後の練習試合で骨折し、マウンドには長く立てない窮地にあっても、大熊 達也のよさを十二分に引き出し、決勝戦までチームを導いた。日本最高峰のリーグで戦うことが見込まれる進学先でも、ぜひ夏までに積み上げた思考と努力を続け、日本を代表する捕手になってもらいたい。

【選手名鑑】植田 響介

三好 球太(観音寺中央)

■2.三好 球太(香川・観音寺中央3年・投手・171センチ60キロ・右投右打・観音寺市立観音寺中出身)

 ゲームキャプテンとして、エースとしてクールにチームをけん引し選手権香川大会では三本松英明などの強豪校を下しベスト4に進出。観音寺市内大会での不調を短期間で取り戻した調整力に加え、抜群の制球力でチームが仕掛けた守備ポジショニングの成功にも一役買った。「観音寺中央」最後の夏に下級生がスタメン中6名を占める純白のユニフォームが躍動したのも、三好 球太をはじめとする3年生たちの支えがあったからである。

【選手名鑑】三好 球太

三瀬 純一(今治西)

■3.三瀬 純一(愛媛・今治西3年・一塁手・180センチ80キロ・左投左打・宇和ボーイズ出身)

 これまで何度も「大器」と称されながらも壁を破れない時期を過ごしていたが、3回戦の今治北戦では代打で坊っちゃんスタジアム右翼席中段に運ぶ同点2ラン。試合には敗れたものの、スラッガーとしての意地を見せた。ホームランでダイヤモンドを一周しベンチに戻る前、あの厳しさで鳴らす大野 康哉監督が土下座ポーズをしながら恰好を崩し、笑顔で彼を迎えたシーンは、今も忘れられない。次のステージでもこの一打を自信に進んでほしい。

【選手名鑑】三瀬 純一

山本 颯輝(今治北)

■4.山本 颯輝(愛媛・今治北3年・投手・180センチ69キロ・右投右打・今治市立南中出身)

 春以降に急成長。愛媛大会では右肩を痛めていた右サイドハンドエース・上谷 和大に代わって先発マウンドに立ち続け、チームのベスト4進出に大きく貢献。最速140キロをマークしたストレートと、スライダー・チェンジアップの切れ味はいずれも素晴らしく、このまま次のステージでも成長を続ければ、関西外国語大~ニチダイを経て広島東洋カープ入りした先輩・西原 圭大の後を追える可能性が非常に高い。

【選手名鑑】山本 颯輝

【次のページ】 まだまだ続く7人衆!山内・近藤・渡辺を選出!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第119回 3年生座談会 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝へあと3つ」までの記録帳【後編】【僕らの熱い夏2017】
第117回 3年生座談会 県立三本松高等学校(香川)「甲子園優勝へあと3つ」までの記録帳【前編】【僕らの熱い夏2017】
東海大菅生vs三本松【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
第2回 三本松高等学校(香川)【第72回国民体育大会 チーム紹介】
富岡西vs池田【徳島県 2017年秋の大会 徳島県秋季大会】
丸亀城西vs藤井学園寒川【香川県 2017年秋の大会 香川県秋季大会】
松山聖陵vs聖カタリナ学園【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
済美vs東温【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
第10回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第570回 いよいよ準々決勝!大本命が敗れた今、優勝はどこにもチャンスがある!【大会展望・総括コラム】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
植田 響介(高松商) 【選手名鑑】
上谷 和大(今治北) 【選手名鑑】
浦 大輝(高松商) 【選手名鑑】
大熊 達也(高松商) 【選手名鑑】
河野 竜生(鳴門) 【選手名鑑】
近藤 壱来(鳴門渦潮) 【選手名鑑】
多田 宗太郎(高松商) 【選手名鑑】
丹 翔也(東温) 【選手名鑑】
三瀬 純一(今治西) 【選手名鑑】
美濃 晃成(高松商) 【選手名鑑】
三好 球太(観音寺中央) 【選手名鑑】
山内 朝日(東温) 【選手名鑑】
山本 颯輝(今治北) 【選手名鑑】
渡辺 大晴(中村) 【選手名鑑】
今治北 【高校別データ】
今治西 【高校別データ】
英明 【高校別データ】
聖カタリナ学園 【高校別データ】
観音寺中央 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
小豆島 【高校別データ】
富岡西 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
東温 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門渦潮 【高校別データ】
丸亀 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム