第4回 昼休みで差をつけろ!管理栄養士が教えてくれた理想のお弁当!2016年09月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]球児のお弁当事情をチェック!
[2]1日4500キロカロリー摂取してますか?

 新チームとなり、初めて臨む公式戦!試合では、日頃の練習の成果を発揮したいところですが、そのためにも、コンディショニング作りは欠かせません!
朝も昼も夜も、しっかりと食べることも練習の一つ!補食やプロテインもしっかりと摂って、試合で100%のパフォーマンスが出来る体作りをしていきましょう!

 さて、7月からスタートした大好評の株式会社明治の管理栄養士の皆様が語る“球児あるある”座談会ですが、今回は、「お弁当」をテーマにお話をうかがいました。これまでに、球児たちのお弁当を見ての気付きやワンポイントアドバイスも含めてお話いただいております!

  球児のお弁当事情をチェック!

球児たちのお弁当の事例を説明する堀野さん

Q 日頃、球児たちに食事や栄養の摂取についてアドバイスされる際に、お弁当の中身についてもお話されているかと思いますが、管理栄養士の皆様からみて、球児のお弁当にはどのような傾向がみられますか?

堀野:1年生部員たちもお弁当のバランスは悪くないんですが、やっぱり学年が上がるごとに、栄養面を意識したお弁当になっていっていると感じます。例えば、2年生になると、そこに100%オレンジジュースが足されていたり、さらに3年生になると“おにぎり”が付いていたり、一工夫もふた工夫も増えていきますね。

黒崎:お弁当の中身で最近増えているのは麺類です。麺だけだと良くないのですが、麺の上におかずを乗せて栄養フルコース型に近づけてお弁当を持ってくる球児をよく見かけます。

大村: あと注意してほしいのが揚げ物ですね。揚げ物は高カロリーです。カラダを大きくするエネルギーとして役立ちますが、練習やトレーニングで使うことができないと、体脂肪増加につながります。これは、無駄な「おもり」となってしまい、足が遅くなる、球の反応が遅くなってしまうなどのパフォーマンス低下に繋がってしまいます。

Q 最近、コンビニのお弁当が充実していて評判ですが、コンビニのお弁当でも栄養を摂取できるのでしょうか?

堀野:実際にコンビニのお弁当を買って食べている球児もいますよ!「栄養フルコース型」の食事(主食、おかず、野菜、果物、乳製品の5つをそろえる食事法)に近い形で選べば問題はないので忙しいご家庭でも、今ではコンビニのお弁当でも「栄養フルコース型」の食事に近づけることはできます。

黒崎:そうですね。ただ、コンビニで「栄養フルコース型」の食事に近い形にするとお金がかかってしまうので、おにぎりだけは家から持ってきて、コンビニではたんぱく質を補うためにサラダやチキンやゆで卵、冷奴などを買うことをお勧めしています。あとはヨーグルト、100%野菜や果実のジュースで「栄養フルコース型」の食事に近づけることができますね。

【次のページ】 1日4500キロカロリー摂取してますか?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第16回 球児が好きなおかずランキング!ご飯が何杯でも食べられるおかずは焼肉が堂々の1位!【野球総合研究所】
第19回 【球児のお弁当】県立竹田高等学校(大分)【球児のお弁当】
第18回 【球児のお弁当】県立八潮南高等学校(埼玉)【球児のお弁当】
第13回 食べる【遠藤友彦の人間力!】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム