第36回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…(大分)2016年12月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]津久見、大分商が歴史を作ってきた大分県
[2]明豊、柳ヶ浦などの私学勢の台頭も見逃せない

 津久見が春、夏それぞれ全国優勝をして、大分県の高校野球の存在を示してきた。戦前は大分商がリードしていたが、戦後は津久見の躍進で両校がリーダーシップをとってきた。いうならば、全県区の伝統商業校と地域密着型地元普通科校という図式である。

津久見、大分商が歴史を作ってきた大分県

大分商

 結局甲子園で春も夏も全国優勝を果たしているのは津久見で、67年春に吉良 修一投手(阪神)で全国制覇を果たすと、72年夏にも水江 正臣投手(ヤクルト)で、スイスイと全国制覇を果たしている。学校の歴史としては、大分商の方が古いのだが、甲子園での実績では津久見がリードしながら県内の歴史を作ってきていた。

 この二大勢力に割って入ってきたのが日田林工だった。林工というのも珍しかったが、初出場の73年広島商に2ランスクイズを決められたのが悔しくて、いつか甲子園でこれをやり返そうという執念で、その3年後の春には機動力中心のチームを作り上げて、ベスト4まで進出したという原田 博文監督の執念は見事だった。徹底した練習量でチームを鍛え抜き、したたかさと逞しさを兼ね備えたチームで甲子園に新風を巻き起こした。また、これがそのまま大分県の高校野球においても新時代の到来を告げることになったようだ。

 追うようにして別府商鶴崎工なども甲子園出場を果たした。

 日田林工を作り上げた原田監督はその後同市内にある私立校の藤蔭(旧日田商)へ移ることになるが、そこでも徹底的に練習をして90年夏95年春と甲子園に駒を進めている。大分商津久見はもちろん、この藤蔭も古臭いくらいの泥にまみれた練習が特色になっていた。

 いずれにしても、大分の高校野球は前述の通り公立の2校が圧倒的にリードしていた。他にも、別府鶴見丘や、野村 謙二郎(駒沢大→広島、広島前監督)やその弟・昭彦(駒沢大→日本石油→駒大コーチ→環太平洋大監督)のいた佐伯鶴城など公立の存在が目立った。

【次のページ】 明豊、柳ヶ浦などの私学勢の台頭も見逃せない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島実vs樟南【鹿児島県 2017年秋の大会 鹿児島市地区新人大会】
第579回 打線は沈黙、エースは炎上…。惨敗の春から生まれ変わった二松学舎大附の夏【大会展望・総括コラム】
第578回 日大三、早実を撃破した西東京王者。甲子園4強の東海大菅生には「個の力」があった【大会展望・総括コラム】
第577回 本塁打記録更新、140キロ台投手連発、ランニングスロー連発!高レベル化した現代の高校野球【大会展望・総括コラム】
第11回 日本一への道半ば、勇退の名将たちの「最後の表情」【夏の大会特集2017】
第10回 今年の甲子園の本塁打急増は打者の技術力向上とマインド面の変化がカギ?【夏の大会特集2017】
神村学園vs樟南【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
樟南vs大島【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
樟南vs鹿児島水産【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
樟南vs尚志館【鹿児島県 2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】
第391回 福岡ソフトバンクホークス 柳田 悠岐選手「『フルスイング』の変遷」 【2016年インタビュー】
臼杵 【高校別データ】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
杵築 【高校別データ】
佐伯鶴城 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
津久見 【高校別データ】
鶴崎工 【高校別データ】
藤蔭 【高校別データ】
日田林工 【高校別データ】
広島商 【高校別データ】
別府商 【高校別データ】
別府鶴見丘 【高校別データ】
柳ヶ浦 【高校別データ】
楊志館 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム