第33回 古豪復活へ! 選手と共に戦い、支える女子マネージャー 県立熊本工業高等学校2017年03月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チームが良い方向に進むように
[2]「信頼されるマネージャーになる!」

 今年の選抜から、女子マネージャーは甲子園練習参加が条件付きで認められることになり、チームを支えた女子マネージャーたちの甲子園練習参加が話題となっている。甲子園出場回数春夏通算40回を誇る古豪「熊工」もまた女子マネージャーによって支えられているチームである。熊本工といえば、「打撃の神様」の異名を持つ川上 哲治氏や千葉ロッテマリーンズ伊東 勤監督などプロ野球で活躍する野球人を多数輩出している名門だが、昨年の秋季九州地区大会では1点差の接戦をものにし、ベスト4の成績をおさめ、10年ぶり21回目の選抜出場を決めた。今回は初戦を2日後に控えた熊本工。選手たちを支える女子マネージャーはどんなマネージャーなのだろうか。

チームが良い方向に進むように

 選手70名を支えている女子マネージャーは、2年生の上村 茉由さん、1年生の内田 有紗さん、松本 純怜さんの3人。飲料や補食作りを中心に日々の活動を行っており、試合の時には、スコアラーとしてベンチ入りもしている。

 特に補食作りでは40合のお米を炊いて、おにぎりや納豆マヨネーズご飯などオリジナリティあふれる補食を提供している。そんな彼女たちのイチオシマネージャーグッズはおにぎりを作る型であると教えてくれた。彼女たちはお礼の言葉や「おいしかった!」の言葉に日々やりがいを感じている。

 3人の女子マネージャーのうち、唯一2年生の上村 茉由さんはバスケット経験があり、入学当初はバスケットボール部のマネージャー希望であったという。しかし野球部のマネージャー希望がいないと知った彼女は、選手を支えるべく野球部のマネージャーとなった。

 

 初めてスコアラーとしてベンチに入った試合を特に思い出に残っている試合として上村さんはあげてくれた。「間近で選手のプレーを見ることができ、とても感動した」野球の魅力を再確認できたこの時の試合は忘れられないだろう。

 選手をサポートするうえで上村さんは、「マネージャーがネガティブなことを言わないこと、チームの雰囲気が良い方向に進むことを心掛けている」と話してくれた。上村さんの提案で野球部に体格測定が導入されたという。この導入により選手のレベルアップにつながり、チームは良い方向に進んでいった。

【次のページ】 「信頼されるマネージャーになる!」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第51回 プロ顔負け?細かい分析で選手を支える!鶴岡南(山形)マネージャー【頑張る!マネージャー】
第50回 秋季東海ベスト8の大垣西(岐阜)を支えるマネージャーたち。グラウンド整備も仕事のうち!【頑張る!マネージャー】
第49回 スーパーマネージャーへの仕事は無限!いわき光洋(福島)マネージャー【頑張る!マネージャー】
第48回 大手前(大阪)マネージャーはチームの大きな戦力!【頑張る!マネージャー】
第47回 盛岡大附のマネージャーが選手たちと歩む努力の日々【頑張る!マネージャー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
慶應義塾vs熊本工【2017年 練習試合(交流試合)・春】
智辯学園vs熊本工【第89回選抜高等学校野球大会】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
聖カタリナ学園vs愛媛県大学選抜【2016年 練習試合(交流試合)・秋】
東海大福岡vs熊本工【2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会】
熊本工vs佐賀商【2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会】
第401回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【後編】「練習では緊張して、試合では気楽に小技を決めよう」 【2016年インタビュー】
第400回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【前編】「バント成功の秘訣は『間』と『コース』」 【2016年インタビュー】
第230回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手 【2014年インタビュー】
熊本工 【高校別データ】
熊本工大 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム