第66回 静岡(静岡)編「今も昔も歴史に名を刻む静岡高校のつながり」2016年04月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から 静岡高校時代の堀内 謙伍と安本 竜二

【目次】
[1]今も昔も高校野球の歴史に名を刻む
[2]近年の卒業生

 現在の静岡の高校野球を牽引、1896年に創部の超名門・静岡高校。県立高校でありながら県内トップレベルの進学実績を持ち、また部活動でも優秀な実績を残している。甲子園の常連である野球部の他、男子バスケットボール部も全国大会に出場しており、優勝経験もある。また陸上部や水泳部などが東海大会へ出場するなど、勉強だけでなく部活動も超一流でまさに超県立級だ。今回はそんな静岡高校の歴史と歴代選手を紹介していきたい。

今も昔も高校野球の歴史に名を刻む

 静岡高校野球部の創部は1896年で、今年の卒業生は132期生という長い歴史を持つ。甲子園初出場は1924年の第10回大会。当時は静岡中として出場し、初戦で惜しくも敗れたが、その2年後の1926年の甲子園では大連商を破って優勝。1928年春には和歌山中に敗れ、ベスト4。通算で春15回、夏24回という輝かしい甲子園出場記録を誇り、高校野球100年の歴史において今も昔も色あせない輝きを放っている。

 静岡中はその後静岡一静岡城内と名称を変え、静岡高校に校名が変更になって初めて甲子園に出場したのが1955年夏の大会だ。その年は初戦で敗退してしまったが、1960年夏1973年夏に準優勝し名門校の威厳を取り戻していった。

 しかし1999年の選抜では二回戦進出、同年の選手権で三回戦進出の原動力となった高木 康成投手(元読売ジャイアンツなど)や、現在パ・リーグを代表するクローザーの増井 浩俊投手(北海道日本ハムファイターズ<インタビュー【前編】 【後編】)らがOBとして名を連ねるものの、73年以降上位進出を逃していた。

 そんな静岡高校も2015年の選抜でその年の優勝校・敦賀気比準々決勝で対戦した。両チーム好プレーが生まれ互角の戦いが繰り広げられたが、9回裏の敦賀気比の攻撃で3番・林中 勇輝選手インタビューにタイムリーツーベースを打たれサヨナラ負けを喫した。敗れはしたものの静岡高校はU-18にも選ばれた強打の捕手堀内 謙伍選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)らの活躍でベスト8と久しぶりの上位進出となった。

 昨年の秋の静岡県大会掛川西に敗れベスト8に終わってしまったが、甲子園を経験し、最速146キロの速球と落差の鋭いフォークをウリにする村木 文哉投手や、プロ注目の外野手鈴木 将平選手など逸材がそろい期待ができる。選抜出場を逃した悔しさを糧に夏の大会では90年ぶりの全国制覇を目指してほしい。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第618回 東海地区を代表するスラッガー成瀬和人(静岡)「強打復活のカギは右足の使い方」 【2017年インタビュー】
第486回 26日開幕!静岡、至学館など出場8校の戦力分析!【春季東海大会展望】【大会展望・総括コラム】
第460回 【2回戦展望】ベスト8に勝ち進むのはどこだ?ハイレベルな試合が続く2回戦8試合の観戦ポイントは?【大会展望・総括コラム】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第11回 【選抜出場校徹底分析】県立静岡高等学校(静岡)【第89回選抜高校野球大会 チーム紹介】
第458回 いきなり履正社vs日大三の黄金カード実現!選抜大会の見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第10回 選抜出場校の「勝利の瞬間」をパシャリ!歓喜溢れる写真をピックアップ!【センバツ2017】
第482回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「静岡の3年間、そして甲子園5試合の経験はかけがえのない財産」【後編】 【2016年インタビュー】
第481回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「名門・静岡のユニフォームを身に纏うために努力したこと」【前編】 【2016年インタビュー】
第273回 県立静岡高等学校 安本 竜二選手 「自分の目標へ勝負の選抜!」 【2015年インタビュー】
石井 優輝(静岡) 【選手名鑑】
加藤 光晴(静岡) 【選手名鑑】
鈴木 隆司(静岡) 【選手名鑑】
鈴木 将平(静岡) 【選手名鑑】
高良 将貴(静岡) 【選手名鑑】
辻本 宙夢(静岡) 【選手名鑑】
平野 英丸(静岡) 【選手名鑑】
堀内 謙伍(静岡) 【選手名鑑】
村木 文哉(静岡) 【選手名鑑】
村松 遼太朗(静岡) 【選手名鑑】
安本 竜二(静岡) 【選手名鑑】
静岡 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム