第224回 北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手【後編】2014年11月18日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]スピードが足りず果たせなかった大卒でのプロ入り
[2]コンディショニングに対する意識の変化
[3]引退後は高校野球の指導者になって3兄弟で戦いたい

 後編では、北海道日本ハムファイターズの増井 浩俊選手に、球界でも指折りと言われる威力ある真っ直ぐを投げる秘訣などを教えていただきました。

増井 浩俊投手インタビュー 【前編】はこちらから!

スピードが足りず果たせなかった大卒でのプロ入り

北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手

――駒大では3年時まで投手指導に定評がある小椋 正博前監督がコーチで、4年時は監督でしたね。小椋前監督からはどんな指導を受けましたか?

増井 大学4年の時に課題だったコントロールが安定したのは、小椋さんのおかげです。僕は3年時までリーグ戦で1勝しかできなかったのですが、4年生になって小椋監督(当時)にエースとして起用してもらい、(春4勝、秋3勝と)一花咲かすことができました。

――具体的にはどのようにして制球が良くなったのですか?

増井 今のフォームとは全然違う、コンパクトなフォームにしたんです。とにかくコントロールが課題だったので、まずこれを優先しようと。小椋さんからそういう指導を受けたんです。

――現在のフォームに戻ったのは社会人に入ってからですか?

増井 そうですね。大学4年のリーグ戦が終わった時、人づてに、あるプロのスカウトが「もう少しスピードがあれば…」と言っていたと聞きまして。プロに行きたい気持ちは強かったので、ならば、もう一度スピードにこだわってやってみようと。

――増井投手の真直ぐは、ストレートが来ると分かっていても打てないのでは?という時があります。増井投手が理想とする真直ぐはどんな真直ぐなのでしょう?

増井 目指しているのは藤川 球児さん(カブス)の浮き上がって見える、伸びのあるストレートです。まさしく分かっていても打てないストレートなんですが、そういう球速表示には表れない質のいい真っ直ぐ、スピンがよく利いたストレートを投げたいと思っています。

――理想とする真っ直ぐを投げるために取り組んでいることは?

増井 これは企業秘密なんですけど(笑)、僕は親指でボールを弾いているんです。ですから親指にできているタコが、他の投手よりも大きいと思います。親指でボールを弾くようになったのは中学時代からです。どうやったらボールに力が伝わるのか考えていたところ、人差し指と中指だけでなく、親指も使った方が…というところにたどり着きまして。マメがタコになるまでは痛かったですけど。

――驚きました。これほど大きなタコが親指にできている投手の方は初めてです。ところで、増井投手は連投もある中で、あれだけのストレートを投げるのですから、かなり体に負担がかかると思います。負担を軽減するために工夫されていることはありますか?

増井 僕は負担がかかるのは仕方ないと思っています。負担がかからないように投げたら今度はスピードを殺してしまいますし…負担がかかっても問題ない体を作りたい気持ちの方が強いです。

ベストパフォーマンスを発揮するためのけが予防

このページのトップへ

【次のページ】 コンディショニングに対する意識の変化

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

増井 浩俊(ますい・ひろとし)
増井 浩俊(ますい・ひろとし)
  • 所属:静岡-駒沢大学-東芝
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ/73キロ
  • 1984年6月26日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1回 基本的な体の作りを知ろう!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第24回 夏に向けてのコンディショニング「センスアップで、持っている力を引き出そう!」【Vol.3】【技術ノート トレーニング編】
第23回 夏に向けてのコンディショニング「センスアップで、持っている力を引き出そう!」【Vol.2】【技術ノート トレーニング編】
第22回 夏に向けてのコンディショニング「センスアップで、持っている力を引き出そう!」【Vol.1】【技術ノート トレーニング編】
第173回 発汗量の多い季節は鉄分をしっかりとろう【セルフコンディショニングのススメ】
第514回 静岡高等学校 池谷 蒼大投手「育成プログラムで才能開花!選抜注目左腕が目指すもの」 【2017年インタビュー】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
第482回 安本 竜二選手(静岡高-法政大)「静岡の3年間、そして甲子園5試合の経験はかけがえのない財産」【後編】 【2016年インタビュー】
静岡 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー