桜丘の猛追振り切った東京!監督期待の先発・吉武遥樹がゲームを作る!



東京先発・吉武遥樹
 

 29日の大田スタジアムで行われた東京桜丘の一戦は、初回に東京1番・西田晃寿のヒットからチャンスを作って1点を先取すると、直後の守備で先発・吉武遥樹が桜丘3番・吉村陽己に二塁打を許しながらも無失点に抑えて試合のペースを握った。

 先発した吉武は松下浩志監督が成長してきた投手の1人として挙げている注目右腕。左腕を壁にしながら重心移動して、下ろしていた右腕を引き上げながらトップの位置まで持ってくる。そこから身体の回転に腕を巻き付かせるように右腕を振り抜いていく。縦の変化球も織り交ぜながら桜丘打線を封じていき、反撃の隙を与えない。

 その後、東京打線は5回に相手のミスで9番・森弘翔が出場すると、1番・西田と2番・藤田望が連続ヒットでチャンスを広げて中軸に回す。ここで3番・白井拓郎がレフトへの二塁打を放って2人が生還するなど、5回に一挙4得点と試合の主導権を握った。

 5点のリードをもらったマウンドの吉武は6回まで桜丘のスコアボードに0を並べる好投を見せ続けてきたが、7回から桜丘の猛追が襲い掛かった。4番・菖蒲谷一馬のヒットと5番・秋澤優至の送りバントで得点圏にランナーを背負うと、代打・岡野耕太にタイムリーを許し1点を返される。

 さらに9番・高橋 良輔にもタイムリーを許して3点差とされると、8回から東京は継投で背番号16の星川昂輝がマウンドへ。しかしその星川の制球が定まらず、桜丘4番・菖蒲谷にタイムリーを許すなど、1つアウトを取ったところで、東京はサウスポーの村田直輝をマウンドに上げる。