神谷友輔のタイムリーなどヒット10本集めた駿台学園が都立新宿を下す!



駿台学園・神田

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 都立新宿は初回フォアボールでたまったランナーをボークで生還させ、ノーヒットで1点を先制する。

 駿台学園はその裏、4番北村柊哉のライト前へうまく流すタイムリーなどで2点をとり、逆転に成功する。

 その後は、両チームのエース、都立新宿小岩井周作、駿台学園井上怜音が踏ん張り、4回表終了まで、スコアに0が並ぶ。

 4回裏、駿台学園の攻撃は、1番加藤朝陽がライトにツーベースを放ってチャンスメイクし、3番神谷友輔のタイムリーで1点を追加した。

 5回、6回にも8番篠原一斗のタイムリーなどで1点をあげ、6回終了時で5対1。駿台学園が試合を優位に進める。

 対する都立新宿も、8回に代打佐藤 駿のダブルプレーの間に1点を返し、反撃したが試合は5対2で駿台学園が勝利した。

 駿台学園打線は非常にバットが振れていて、強烈な打球を広角に飛ばしていた。

 都立新宿はエース小岩井が気迫の投球で最後まで投げ切り、チームを鼓舞した。

記事=編集部

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。