2020年08月14日 埼玉県営大宮公園野球場

昌平vs白岡

2020年夏季埼玉県高等学校野球大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

白岡・谷島3連投も昌平打線の前に力尽く

 県営大宮球場の2試合目は昌平打線がその打棒を如何なく発揮した。
 叡明との雨によるコールドゲームでの再戦などもあり、一昨日から3連戦目となる白岡対旧チームから不動の上位打線を誇る昌平との一戦となる。
 先発は昌平が宮坂陸希(3年)、白岡がこの日で3連投となる谷島雄輝(3年)と両エースが登板し試合が始まる。

 昌平白岡・谷島の立ち上がりを攻め、先頭の千田 泰智(3年)が初球を捉えレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く角田蓮(3年)のサードゴロがサードの野選で無死一、二塁とチャンスが広がる。だが、外野手の攻守に阻まれるなど後続が凡退し無得点に終わる。
 先制したのは白岡であった。白岡昌平・宮坂の立ち上がりを攻め、その裏一死から2番・古峰大誠(3年)が右中間へ三塁打を放つと、続く安類拓巳(3年)のショートゴロの間に1点を先制する。

 だが、打順が2巡目を迎えた3回表、昌平打線が白岡・谷島に襲い掛かる。
 一死から1番・千田がレフト前ヒットを放ち出塁すると、二死後ベンチ入り唯一の2年生、3番・吉野 創士がレフト前ヒットを放ち二死一、二塁とチャンスを広げる。ここで続く渡邉翔大(3年)がレフトスタンドへ3ランを放ち昌平が一気に逆転に成功する。

 これで流れを掴んだ昌平は4回表にもこの回先頭の今井海渡(3年)が四球を選び出塁すると、続く島田純弥(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。ここで宮坂がセンター前タイムリーを放ちまず1点、さらに続く千田がセンター越えのタイムリー三塁打を放つと2番・角田も犠飛を放つなどこの回3点を奪い6対1とし試合の流れを完全に掴む。

 一方、2回以降昌平・宮坂の前に無得点に終わっていた白岡も5回裏反撃を開始する。一死から7番・山中璃宮(3年)、8番・谷島、9番・新井佑汰(3年)の3連打で一死満塁と絶好のチャンスを掴むが、後続が連続三振に倒れ万事休す。

 昌平はその後も攻撃の手を緩めず、6回表にこの回先頭の島田のセンター前二塁打を皮切りに相手のエラーで1点を追加すると、7回表には足を攣る仕草を見せる白岡・谷島に対しこの回先頭の渡邉のライト線への二塁打を足がかりとし、二死二、三塁から8番・島田のセーフティバントがタイムリー内野安打となりまず1点、さらに二死一、三塁から続く宮坂の所で昌平ベンチはダブルスチールを敢行するとこれが見事に決まり9対1とし試合を決めた。

 投げてはエース宮坂が勢いに乗る白岡打線に対し被安打6、10奪三振を奪う好投を見せ1失点完投勝利を飾り昌平が次戦へ駒を進めた。

 まず白岡だが、とにかくエース谷島は良く投げた。この40度近い猛暑が続く中の3連投で中盤以降は足を攣りかけていたが、最後まで投げ切ったのは立派だ。守備陣も序盤から外野がファインプレーを連発するなど谷島を盛り立てていたが、打線は10三振を喫するなどやや振るわず最後は谷島が力尽きた形となった。

 一方の昌平は初回先制こそ許したが、全く慌てない。むしろ、今大会7イニング制ながらあえて内野は前進守備を取らず1点はOKという守備体形を取るあたり自分達の打線に対する自信を感じる。そして思惑通り2巡目以降で白岡・谷島をきっちりと捉え二けた安打を放ち攻略してみせた。

 特にこの日は渡邉の逆転3ランなど長打を2本放ち大当たりであったが、低めの変化球を捉えフェンスが高い県営大宮球場の反対方向へ放り込むパワーはもちろん技術も高いものを感じる。何より好印象だったのはホームランの次の打席だ。チャンスでファーストゴロに終わったが全力で駆け抜け足もあることを印象付けた。

 こういう姿勢は当然スカウトたちも見ており、後輩達も見ている。ホームランだけで終わらず、最終打席引っ張ってもう一本長打を放ったことも次の試合につながるであろう。それだけこの日の渡邉は内容が良かったのだが、ただし、昌平打線は決して彼だけではない。前の試合では3番・吉野創も反対方向へ本塁打を放っている。昌平打線が改めて今後対戦相手に脅威となることを印象付けた一戦であった。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昌平、浦和実はコールド勝ちで3回戦へ!市立川越らも勝利した2回戦6試合をレポート【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
昌平vs正智深谷【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
プロ注目の大型外野手・吉野創士(昌平)が高校通算34本塁打含む3打数3安打4打点の活躍でベスト16! 【ニュース - 高校野球関連】
昌平vs鷲宮【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1234回 2021年世代を代表するスラッガー・吉野創士(昌平)。高校通算26本塁打を呼び込んだ「股関節の使い方」 【2020年インタビュー】
狭山ヶ丘vs昌平【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1234回 強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術 【2020年インタビュー】
第1234回 中学通算1本塁打だった吉野哲平(昌平)が高校通算28本塁打を積み重ねるまで 【2020年インタビュー】
昌平vs浦和学院【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1234回 高校通算47本塁打の渡邉翔大(昌平)は確かな打撃理論を持ったスラッガーだ 【2020年インタビュー】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
昌平vs鷲宮【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
昌平 【高校別データ】
白岡 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る