2019年05月03日 坊っちゃんスタジアム

明徳義塾vs徳島北

2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾「見せ付けた」選手層



勝利に貢献した明徳義塾・玉手佑弥(3年)

 旧チームからクリーンナップを張った安田 隆(3年・捕手)は昨年11月から長期離脱中。昨秋は遊撃手主力の今釘 勝(2年・右投左打・167センチ65キロ・京都嵐山ボーイズ<京都>出身)は脚の状態が一進一退でが、この春季四国大会大会でようやく背番号「13」でメンバー入り。

 しかし、代わって県大会の大黒柱だった左腕・林田 大成(3年)が登録外。さらにリードオフマンとして絶対的存在感を持つ古澤 怜大(3年・中堅手・171センチ76キロ・右投右打・横浜市立岡野中<神奈川>出身)も足首の捻挫でこの徳島北戦は大事を取って欠場。「この前、お祓いをしてもらったよ」と馬淵 史郎監督がこぼすほど、明徳義塾は現在ケガに悩まされている。

 しかし、いざ試合が始まってみると「明徳」の縦じまは攻守に躍動する。

 投げては右サイドの玉手 佑弥(3年・176センチ74キロ・右投右打・明徳義塾中出身)が最速126キロながら「テンポよく打ち取ることを心掛けて」中3春に「第7回文部科学大臣杯全日本少年春季軟式野球大会」で全国制覇を遂げたマウンド勘を存分に発揮し、6回3分の2を投げ4安打5奪三振、失点は4回表二死二塁から徳島北5番・柏木 爽吾(2年・左翼手・172センチ76キロ・右投左打・徳島藍住リトルシニア出身)へ初球を中前に運ばれた1点のみ。残り1アウトは期待の最速139キロ1年生左腕・代木 大和(1年・183センチ83キロ・左投左打・川之江ボーイズ<愛媛>出身)が三振で締めた。

 一方、12安打8得点を奪った野手陣で特に目だったのはこの2年生トリオである。2番の合田 涼真(三塁手・176センチ67キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア<愛媛>出身)はバットコントロールの巧みさで3打数3安打2得点2打点 5番・鈴木 大照(捕手・171センチ68キロ・右投右打・河南リトルシニア<奈良>出身)は5回裏二死一塁から「2打席目までにカットボール・スライダーを空振りしていたので3打席目は初球の変化球を狙っていた」捕手目線での読みで試合を決める右中間三塁打。

 そして7番の奥野 翔琉(右翼手・173センチ64キロ・右投左打・明徳義塾中出身)は50メートル走6秒0の俊足を駆り、4回裏の決勝適時打ばかりでなく守備でもチームに貢献。「下級生がよくカバーしてくれた」と馬淵監督を喜ばせている。

 敗れた徳島北主将・青山 由宇(3年・二塁手・168センチ72キロ・右投右打・松茂町立松茂中出身)に「甲子園に出るチームとの差を感じた」に、いわしめた明徳義塾の強さ。それは「その時しかないかもしれない」チャンスをつかもうとする選手たちが作る選手層あってこそ成り立っている。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明徳義塾が優勝!夏のシード校が決定!【高知県高校総体・最終日】 【ニュース - 高校野球関連】
夏への準備は始まっている?四国大会の総括、そして四国4県地方大会のシード状況 【ニュース - コラム】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
徳島北vs徳島商【徳島県 2019年春の大会 第72回徳島県高等学校野球春季大会】
明徳義塾vs高知工【高知県 2019年春の大会 平成31年度春季高知県大会】
第853回 「フリー抽選」の春・高知王座決定戦!春季高知県大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第36回 2季連続で甲子園を逃した明徳義塾 技術を「キープし」、筋力を「上げる」!【四国発】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第739回 新田 大輔(徳島インディゴソックス)「学び」を重ね「NPBに入る」 【2018年インタビュー】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
徳島北 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
2019年度 春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

徳島北夏に向けて北高ファンA 2019.05.04
明徳義塾との試合、見てました。
選手も名門との力の差を感じたことでしょう。
でも夏に向けて、課題が明確となった試合でもあったはず!
課題を克服して、一皮向けた姿を見せてください!
今度は徳島に見に行きます。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る