2017年10月30日 大阪シティ信用金庫スタジアム

近江vs日高中津

2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江の打線が爆発、5回コールドで準々決勝進出!



林 優樹(近江)

 和歌山2位の日高中津と、滋賀1位の近江の対戦は、初回に打者11人の猛攻で6得点を挙げた近江が、その後も着実に追加点を重ね、10対0の5回コールドで大勝し、準々決勝進出を決めた。

 日高中津は先発した背番号3の宮井 智基(2年)が初回から捉まってしまう。先頭の瀬川 将季(2年)からは三振を奪うが、続く2番・住谷 湧也(1年)の二塁打、3番・家田 陸翔(2年)の三塁打であっさり先制されると、4番・北村 恵吾(2年)の適時打で追加点、5番・山田 竜明(2年)にも安打を許し4連打2失点、一死一、三塁の場面で降板した。

 ところが背番号1の入山 海斗(2年)がマウンドに上がっても攻撃は止まらなかった。入山は右スリークォーターから繰り出す直球に力はあるが、制球が安定しない。代わり端の6番・中尾 雄斗(2年)に四球を与えて満塁のピンチを招くと、まずは自身の暴投で1失点、7番・有馬 諒(1年)の適時打で2失点、打者一巡して1番・瀬川の遊撃手を強襲する左安で1失点。初回から打者11人の猛攻で6点を失い、実力差を見せ付けられる形となった。

 近江の先発、背番号18の林 優樹(1年)は、左上手投げからスライダーを中心にカウントを作る配球。2番・齋藤 覚志(2年)、3番・杉浦 玲吏(1年)の内野安打、5番・柏原 樹(2年)の右安と、5回を投げて被安打は3本のみ。3回表の三者連続三振を含む5奪三振無失点に抑え、しっかりと役割を果たした。

 近江打線はその後も、3回裏に1番・瀬川の適時三塁打で1点、4回裏に5番・山田の犠飛と7番・有馬の適時二塁打で2点、5回裏には一死二塁から3番・家田が適時打を放って10点差。5回コールドの大勝で準々決勝へと駒を進めた。

(文=西村 結生)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
昨年都市対抗優勝のJFE東日本に中村晃太朗(東海大菅生)、廣澤優(日大三)と昨年の西東京を盛り上げた投手コンビが加入!! 【ニュース - 高校野球関連】
滋賀県を代表する二刀流プレーヤーに成長した景山透唯(立命館守山)の野球人生に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第4回 滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!【滋賀の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs立命館守山【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
日高中津vs箕島【和歌山県 2019年秋季大会 和歌山県下高校野球  新人戦】
東海大相模vs近江【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
近江 【高校別データ】
日高中津 【高校別データ】
秋季近畿地区大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る