沖縄水産執念の同点打、そして延長サヨナラスクイズ!



沖縄水産・古波蔵

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨年の夏、同じく三回戦で顔を合わせた両雄。そのときは沖縄尚学が勝利したが、今回は沖縄水産が見事リベンジ。特に、1点差を追う9回裏の執念は素晴らしいものだった。

流れが変わる!確信した沖縄水産ベンチ


 無死一・二塁や無死満塁のチャンスをもらいながらも、中々追い付けない沖縄水産。しかし「流れは変わった」と、百戦錬磨の上原忠監督は確信していた。

 先制したのは沖縄尚学。2回、このイニング先頭の4番與谷 友希がライト前ヒットで出塁。続く髙見健人もレフト前へ続き無死一・二塁。しかし沖縄水産エース古波藏 悠悟が、ここから粘る。次打者を三振に斬ると、7番知念 琉華をショートゴロに。6-4-3と渡る併殺、と思いきや相手に痛恨のミスが生じ二塁から與谷 友希が生還した。

代打佐和田の見事なタイムリー


 さらに沖縄尚学は5回、城間陽平がヒットで出塁すると犠打と相手のエラーで一死二・三塁。ここで沖縄尚学が先に動く。先発の大湾朝日の打席で代打佐和田大貴が5球目を見事センター前へ運び三走が生還。さらに相手の中継の隙を突いて佐和田が二塁を陥れる。なおも二・三塁であったが、ここから古波藏 悠悟がギアをさらに上げる。

古波蔵気迫あふれる三振斬り


 「以前は最初から最後までトップギアで投げていたが、この夏になって投手としての成長を凄く感じる。」とは上原忠監督。ローギアとミドルギア、そして大ピンチのときに発するトップギアを使い分けられる投手こそが、完投しチームを勝利に導く。それをこの大事な場面で古波藏 悠悟がやってのけた。1番島袋 皓平、2番當銘椋太と連続三振斬り。この試合、與谷 友希の打席で見せた142kmのスピードはもちろんコントロール、テクニック、スタミナそして経験値。全てを併せ持つ大会ナンバーワンサウスポーが魅せた気迫のピッチングが、流れを押し返す起点となった。