2017年11月18日 コザしんきんスタジアム

沖縄尚学vs沖縄工

2017年 第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

1点を争う雨中の攻防を制した沖縄尚学が決勝進出



2年ぶり6度目の優勝を決めた沖縄尚学

 力はほぼ互角。5回を終えて沖縄工のヒットが5本なのに対し、沖縄尚学は2本のみ、スコアは1対1の接戦を演じていた。試合が動いたのは終盤以降だった。

6回、沖縄尚学はこのイニング先頭の3番奥原 海斗が左中間へ。この一打で沖縄尚学打線に活気がみなぎる。比嘉大智がライトへ打ち上げると奥原が三塁を陥れ、6番高良魁がスクイズを決めて先制した。

2年連続の決勝、そして今度こそ優勝を狙う沖縄工も黙っていない。その裏、金城大輝がセンター前ヒットで出塁。その後2本のヒットで満塁とする。次打者は三振に倒れたが代打で送られた濱川竜志が押し出し死球を得て同点とした。

しかし沖縄尚学は7回、7番の吉里 和己のヒットを足掛かりに二死二塁としてトップへ返す。ここで神里航平が期待に応えセンター前へ。二塁から吉里が一気に帰り再び勝ち越した。

それ以降、強い雨に降られながらの攻防が続くが、7回から登板した比嘉 大智沖縄工打線を封じ込み、1点を守りきる好投。苦しみながらも守り勝った沖縄尚学が2年ぶりの決勝進出を決めた。

敗れた沖縄工だが、エース金城大翔(ひろと)を中心にまとまりを見せてくれた。昨年準優勝の先輩とさらなる技術の向上、そして団結力を見せるならば、来春そして夏と主役として夢舞台へたどり着くのは十分可能。素晴らしいゲーム展開を見せた両チームに拍手を送りたい試合だった。

(文=當山 雅通

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東京大学は新入生4名が発表!甲子園球児が2人も入部! 【ニュース - 高校野球関連】
中部商、沖縄工がベスト4進出!4日の春季沖縄県大会2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
沖縄工vs糸満【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
北山vs未来沖縄【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
開邦・南部農林・辺士名・真和志vs沖縄高専【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第27回 チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)【冬が僕らを強くする2020】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第14回 逆襲を誓う沖縄尚学のキーマンは島袋皓平、崔哲瑋、與谷友希の逸材野手トリオだ!【沖縄の高校野球】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学) 【2019年インタビュー】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
第42回沖縄県高等学校野球1年生中央大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

沖縄県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る