プロ野球選手から球児へメッセージ!【阪神タイガース・鳥谷 敬選手】 ~コトダマ~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.02.24

 頑張る球児たちに贈る心が熱くなるメッセージを紹介する『コトダマ』企画。今回は、阪神タイガースの鳥谷 敬選手から球児の皆さんに向けて、夢を叶えるために大事なことや集中力を高める方法などについてお聞きした時に出てきたコトダマを紹介します!


鳥谷 敬選手から高校球児へメッセージ!

阪神タイガース 鳥谷 敬選手

 
「どんな結果になっても、自分が納得して終われる。大会当日、急に何本もホームランを打てるようになるわけでもなければ、急に球が速くなるわけでもない。それならば、どんな結果だろうと後悔しないための準備をすることが大切」

 鳥谷選手だからこそ、生み出せた言葉だと感じたコトダマでした。

 この言葉以外にも、
・夢を叶えるために大事なことを聞いた際に、「大きな目標と、叶えられそうな目標と、1年間通して毎日の目標をそれぞれたててやることが大事。毎日何をしなくちゃいけないっていうのが見えてくる」

 自身の大学時代に始めた、この作業の大切さを振り返り「細かい目標の積み重ねが生きてくるし、最終的に自分の夢、大きな目標に結びついてくるというのがあると思います」とエールを送ってくださいました!

・集中力を高める方法をお聞きすると、「スイッチを切り替える意識づけをすることが必要」だそうです。
「ネクストバッターズサークルにいるときまでに、自分や試合の状況を全て把握し、迷いなく打席に立つということをしているので、ピッチャーだけを見て打席に集中することが出来ます。守備では、ダラッと行ってしまうと集中できなかったので、なるべく守備位置まで速く行って、終わったら速く帰ってくるっていうのを心がけています。守備位置までゆっくり行ってそのままダラッとしてしまって、打球が飛んできてそのままダラッとエラーしてしまう、ということが結構あったので」と、「気持ちの切り替え」の大切さを話してくださいました。

・体幹を鍛えるお話の際には、「体幹に関してはこれといったもの、というよりは色んな種類をやってみる。一つの種目を100回やる、とかではなくて、色んな種目をやって研究してみるのがいいと思います。数よりも種類です。同じ腹筋を鍛えるのでも、いろんな場面や使い方が腹筋にはあると思うので、動きに対応するという意味では、いろんな種類を出来ることが必要かなと思います」

 体幹を鍛えるには、1つの種目で鍛えるのではなく、いろいろな種類を実践すべきだとお話くださいました。

「大きな目標や叶えられそうな目標、細かい目標を立てて取り組むこと」、集中力を高めるために「気持ちの切り替えの意識づけ」をすることによって、「どんな結果になっても自分が納得して終われるように」という鳥谷選手からのコトダマを紹介させていただきました!

鳥谷選手のインタビュー記事はこちら!
第175回 インタビュー【前編】
第176回 インタビュー【後編】

【関連記事】
ドラフト特別企画!小関順二さん×河嶋宗一による12球団ドラフト分析予想【阪神タイガース編】 【ニュース - コラム】
先輩球児から今を頑張る球児たちへ熱いメッセージ!【ミズノ株式会社】 ~コトダマ~ 【ニュース - コトダマ】
第56回 歳内 宏明【後編】「深い想い」を胸に、復活のマウンドへ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第55回 歳内 宏明【前編】「他者評価に変わった」魂のエース【恩師が語るヒーローの高校時代】
第54回 秋山拓巳【後編】「大化けの理由は目的の明確化」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第54回 秋山拓巳【前編】人生を変えた『2年夏の一戦』【恩師が語るヒーローの高校時代】
第119回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「ドラフト戦略の基本理念は『フルスイング』だ!」【ドラフト特集】
第584回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「制球力向上に必要なのは"再現性の高いフォーム"」【後編】 【2017年インタビュー】
第552回 阪神タイガース・青柳 晃洋投手「"クオータースロー"誕生秘話」【前編】 【2017年インタビュー】
第503回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「赤松 真人選手が語る!グラブはイチロー選手と同じモデルの理由」【後編】 【2017年インタビュー】
第502回 広島東洋カープ 赤松 真人選手(平安出身)「教えて赤松 真人選手!『まずは外野守備に興味を持とう!』」【前編】 【2017年インタビュー】
第498回 小野 泰己投手(折尾愛真-富士大)「『一歩ずつ』を大事に、聖地・甲子園で花開かせる」【後編】 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
ボーイズ日本代表入り!永井龍樹(武蔵狭山ボーイズ)が思い描く理想のアーチストに迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る