• トップ
  • ニュース
  • コトダマ
  • プロ野球選手から球児へアツい言葉を!【北海道日本ハムファイターズ・大谷 翔平選手】 ~コトダマ~

プロ野球選手から球児へアツい言葉を!【北海道日本ハムファイターズ・大谷 翔平選手】 ~コトダマ~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2015.02.17

 毎日凍えるような寒さの中、冬のトレーニングに励む球児たちにエールを贈る、そんな言葉を毎週紹介しています。前回の福岡ソフトバンクホークス・内川選手に引き続き、今回ご紹介するのは、北海道日本ハムファイターズの大谷 翔平選手です!大谷選手のインタビューから抜粋したコトダマを球児の皆さんにお届けします。


大谷翔平選手から高校球児へメッセージ!

北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平選手

 大谷 翔平選手の魅力である球速を上げる方法のお話の時に、高校球児へのメッセージとして出た言葉です。

 さらに「コントロール重視でいき過ぎるのもつまらないと僕は思いますし、何キロのボールを投げたいと数字を求めてもいいのでは」と続け、自身の経験を元に高校球児へとエールを送ってくれました!

この言葉以外にも、
・「正しい順序で、正しい位置でボールを投げること」

 大谷選手が速いボールを投げるために大事にしているメカニズムだそうです。そのため理に叶った投げ方をしているのかを常に1つ1つチェックをしている大谷選手。
また、ピッチングの中でのポイントも「ピッチングは一連の流れなので、ここがポイントというのはありません。立ち位置から始まって、もう全部ですね」と野球への深いこだわりがうかがえました。

・「投げるのも打つのも仕事というよりは、単純に両方とも面白いと思ってやっているだけで、どちらがどうというのは全然ない。そもそも野球を仕事という意識でやってないですしね」

 二刀流のお話になった時に、周囲は投手と野手の両立について気にしているのに対して、この言葉が出てきました。大谷選手にとっては投手と野手の両立は「当たり前」だと思っているのです。
最後の「野球は仕事という意識でやっていない」という部分から、純粋に野球が好きだからこそ高いレベルでの投打の二刀流が実現できることを示唆してくれているようでした。

 終始、何事に対しても「こだわり」をもつことから、これらの言葉が出てきていることを感じました!

大谷選手のインタビューはこちら!
前編「日米野球で掴んだストレートへの手応え」
後編「世界トップレベルの選手へ、一歩ずつ近づきたい」

【関連記事】
『野球ノートに書いた甲子園FINAL』発売記念!菊池 雄星が書き続ける野球ノートの中身に迫る 【ニュース - コラム】
創志学園・西が16奪三振の好投で完封!!大会5日目の試合を徹底レポート【選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第146回 清宮幸太郎が一軍デビュー!!松井秀喜と同じ道を歩めるか?【ドラフト特集】
大阪桐蔭vs花巻東【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
第329回 埼玉西武ライオンズ 菊池 雄星投手 「剛腕左腕復活の1年」 【2015年インタビュー】
第285回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ)【後編】「守備の名手しか分からないプレッシャー」 【2015年インタビュー】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【春季鹿児島県大会】枕崎、樟南、完封勝ち 加治木工、鶴丸は逆転で競り勝つ!計6試合レポート
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る