なぜ丹生(福井)は夏の決勝まで上り詰めることができたのか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.28

丹生高校野球部

■野球部訪問NEW!!
強豪校をはねのけ創部初の準優勝・丹生(福井) 快進撃の種火【前編】

 今夏の福井大会で広島からドラフト6位指名された玉村 昇悟を擁して創部初の準優勝という快挙を成し遂げた丹生。公立校が次々と強豪校を倒していく姿は多くの人にインパクトを与えた。

 秋は初戦で敗れたが、力のある選手は残っており、上位進出のチャンスは十分にある。福井の高校野球を盛り上げた丹生のこの1年間の軌跡と同校の取り組みについて迫った。(記事を読む)

【目次】
[1]勝負に対しての厳しさや甘さを感じたのが始まり
[2]大エースが抜けても期待が持てる新チーム

コメントを投稿する

前の記事:
明豊、大分商の大分県勢が決勝へ!23日の試合を徹底レポート【九州大会・23日 】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る