投球動作は地面から受けた反力を使い、下肢から体幹、上肢へと力を伝達させて最終的にはボールにその力を伝える一連の流れを指します。肩や肘などに大きな負担がかかりにくいフォームは力の伝達がスムーズであり、投球数や強度、疲労とのバランスを考慮しながら練習すると慢性的なケガを予防することにもつながります。ところでよく「腕をしならせて」「腕だけで投げない」といった表現をされることもある「腕」はどこが起点になるかわかりますか?

 上腕骨は肩関節を構成する骨の一つなので、肩を起点に考えることが多いと思いますが、実は肩関節というよりも胸鎖関節といって胸骨と鎖骨からなる関節部分を起点として腕の動きは始まります。試しに腕を上げる際、反対側の指で胸鎖関節を触ってみてください。腕を挙げようとすると、胸鎖関節が動いていることを指先で確認できると思います。腕を上げるためには胸鎖関節や鎖骨がスムーズに動くことも大切なのです。肩関節を意識して腕を上げたときと、胸鎖関節を意識して腕を挙げたときでは、指先が触れる高さに違いが生じます(余談ですが、垂直跳びの時に胸鎖関節から腕を上げるように意識するだけでも数値が高くなってしまいます)。腕を胸鎖関節を起点として動かすようにすると、肩関節を起点とした「腕だけで投げる」ような動作はできなくなります。

 胸鎖関節は小さな関節ながらも関節部には関節円板という軟骨組織があり、スムーズな動きを可能にしています。この胸鎖関節部分を指先で軽くほぐすようにすると、スムーズな腕の振りに近づくことができるようになります。あまり強い力を加えると逆にストレスになってしまうので注意しましょう。胸鎖関節の動きが良くなると、腕が挙がりやすくなるだけではなく、鎖骨や肩甲骨で構成される肩甲帯もより大きな動きができるようになります。肩甲骨周辺部の筋肉が硬いと肩甲骨そのものの動きが悪くなりますが、胸鎖関節の動きにも影響を受けやすいので、背部や肩周辺部のストレッチとあわせて胸鎖関節の動きもチェックするようにしてみましょう。腕を「胸鎖関節から上げる」とイメージするだけで、動きそのものも大きく変わってきますので、ぜひ実践してみてくださいね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!