試合レポート

【春季滋賀県大会】プロ注目右腕・田上航が好投!八幡商が延長戦を制して3位を勝ち取る

2024.05.07


八幡商先発の田上航

<春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会:八幡商3-2比叡山>◇6日◇3位決定戦◇マイネットスタジアム皇子山

八幡商が延長戦を制して、3位になった。

八幡商はプロ注目の144キロ右腕・田上 航(3年)が先発。「相手は真っすぐに合っていない感じがあったので、9割くらい真っすぐで行きました」と130キロ台後半のストレートを中心とする配球で5回1失点と試合を作る。

6回からはエースナンバーを背負う増田 優輝(3年)に継投。制球力の高さを武器とする右腕の増田も走者を出しながらも丁寧な投球を見せて、追加点を許さない。

投手陣の頑張りに応えたい打線だったが、比叡山のエース左腕・渡邉 煌多朗(3年)を打ちあぐねる。130キロ台前半のストレートとスライダーを上手く織り交ぜる投球の前に8回まで4安打で無得点。4番の脇坂 航大(2年)も2三振と抑え込まれた。

3回裏の二死二塁から4番・猪飼 浩大(3年)の左越え適時二塁打による1点を8回まで守り抜いた比叡山。しかし、「あの子(渡邉)におんぶにだっこで夏を迎えるわけにはいかない」(河畑成英監督)と9回表から背番号10の右腕・髙橋 樹央(3年)への継投を決断する。

夏に向けて控え投手の頑張りに期待した比叡山だったが、先頭の脇坂に一塁強襲の内野安打で出塁を許すと、四球と犠打で一死二、三塁と一打逆転のピンチを招く。さらに7番・中嶋 勇夢(3年)に左犠飛を打たれて同点に追いつかれてしまった。その後も二死一、二塁とピンチは続いたが、ここは髙橋が踏ん張り、勝ち越しは許さない。

試合は1対1のまま延長戦に突入。無死一、二塁のタイブレークから始まる10回表の八幡商の攻撃は1番・大橋 虎二朗(3年)が死球で出塁して、無死満塁となる。

ここで打席に立つのは2番の磯部 煌太(2年)。この場面で同級生の脇坂が磯部のもとに駆け寄り、「俺の代わりにお前が決めてこい」と伝えたという。

磯部は1ボール1ストライクから内角のストレートを弾き返し、中犠飛で勝ち越しに成功。八幡商はその後、もう1点加え、2点リードで10回裏の守りについた。

八幡商は10回裏に一死二、三塁から1番・萬代 隆之介(3年)に中前適時打を打たれて1点を返されるが、スタートが遅れた二塁走者を三塁でタッチアウトにして、二死とする。続く打者に死球を与えて一、二塁とされるも最後は増田が3番・青木 翔大(3年)を見逃し三振に打ち取って、逃げ切りに成功した。

「チーム全員が泥臭くなって戦うことを目標にやってきたので、それが勝利につながったと思います」と話した小川健太監督。2011年夏を最後に甲子園から遠ざかっているが、昨夏から3季連続で4強と近年は復活の傾向にある。

今年は実力のある3年生投手5人を中心に分厚い選手層を誇る。「夏にしっかりと地力で勝ち上がっていけるようにチーム作りをしていきたいと思います」と勝負の夏に向けて、さらなる強化を目指す。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?