新チームが始まり、新たなグラブに買い替えて心機一転と考える球児も、なかにはいるだろう。新品のグラブであらゆる打球を華麗に捌きベンチ入り、もしくはレギュラー獲得を思い描いているはずだ。

 そんな球児たち、とくに守備を武器にしたいと考えている選手にとって嬉しいグラブが、この夏から販売となるようだ。それが「内野MM型」だ。

 このグラブは日本球界の歴史に残る名手・宮本慎也氏との共同開発で誕生した新グラブだ。今回のグラブ開発は2年前より始まったものだが、背景は3つある。

 1つ目は元々、ミズノアンバサダー選手だった宮本氏と未来に繋がる商品を作りだす。2つ目は、名手の経験とミズノのモノづくりの想いを掛け合わせた新たな商品開発をする。そして現代野球にあったグラブを世間に輩出するといった3つがあった。

 こうした経緯のもと、高校生内野手のために、“捕球しやい”をテーマにしたグラブが誕生したのだが、特徴が3点あると言われている。

・土手部分の形状と紐
捕球面を広げるために、土手部分をシャープにしつつ、紐の配置を工夫した。その結果、どのような打球に対しても捕りやすさを実現している。

・指部設計
通常のグラブよりも小指を長くし、人差し指はストレート形状に変更した。こうすることで、4本指を板のように開くことを可能にし、ボールに対して向けられるようになり、捕りやすくなる。

・手口設計
より手にフィットしやすいように、手の形に合わせて設計をする。そうすることで操作性を高め、動かしやすさから捕球しやすいようにした。

 名手・宮本氏の想いが存分に詰められたMM型グラブは、8月頃から販売開始とのことだ。守備力を高めたいという球児は、一度に店頭で見つけた際は手に取って、その質の高さを感じてみてはどうだろうか。

・MIZUNOBASEBALL Youtubeチャンネル
・内野MM型特設サイトはこちら

<坂本勇人選手と宮本慎也さんの対談動画>
前編:「革の質が全然違う」坂本勇人×宮本慎也×岸本耕作 GLOVE TALK(前編)
後編:「守備は人間性が出る」坂本勇人×宮本慎也×岸本耕作 GLOVE TALK(後編)

<■宮本慎也氏による指導者向けクリニック動画 全6回>
①キャッチボール 公開中!
②守備(前編)公開中!
③守備(後編)公開中!
④バッティング公開中!
⑤走塁公開中!
⑥Q&A公開中!