ゼット社がイベントを開催!ボーイズ日本一の京葉ボーイズの選手たちが新商品を体験

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.05.21

 元号変更に伴う大型連休真っ只中、ゼット社から新たに発売されたグラブのメンテナンスグッズである「プロステイタスシリーズ」と「革、命。シリーズ」の体験イベントが行われた。
 イベントに参加したのは、今年3月に行われた全国少年野球大会で見事に優勝して日本一に輝いた京葉ボーイズの選手たち5名。今回は、そんな「プロステイタスシリーズ」と「革、命。シリーズ」の体験イベントの様子を紹介していく。

ウェットクロスタイプの汚れ落しに大きな驚き



「革、命。シリーズ」の汚れ落としを体験する京葉ボーイズの選手たち

 全国少年野球大会での決勝進出は、何と3年連続となった京葉ボーイズ。近年、盤石の強さを誇っている京葉ボーイズであるが、今回のイベントには、将来の京葉ボーイズを担うであろう1年生の選手5名が参加。

 普段からグラブのお手入れは入念に行うと話す木伏遥斗選手は、イベントが始まる前に「もっとグラブを綺麗にできるようにしたい」と笑顔で語り、強い意気込みを口にした。

 イベントはまず、正しいグラブのお手入れ方法を学ぶところから始まった。
 先日、高校野球ドットコムでも紹介した、「プロステイタスシリーズ」と「革、命。シリーズ」の開発者である鶴田昌博さんの動画を交えて、5名の選手たちはグラブの正しいお手入れ方法を学んだ。

 選手たちがまず驚いたのは、「革、命。シリーズ」のウェットクロスタイプの汚れ落しだ。ウェットクロスタイプのメンテナンス用品をこれまで手にしたことがなかったという選手たちは、口々に驚きの声を上げた。



左から平井大翔選手、西村幸大選手、木伏遥斗選手、福尾遥真選手、新堀隼輔選手

 普段は、ムースタイプの汚れ落としを使っていると話す福尾遥真選手は、ウェットクロスタイプの汚れ落としの機能性に非常に満足した様子を見せる。
 「ウェットクロスタイプだと、普段取れないような隙間の汚れもしっかりと落とすことが出来ました。また1枚でも、グラブ全体の汚れを十分に落とすことが出来ました」

 汚れ落しが終わると、今度は保革に入っていく。
 今回使用するのは、「プロステイタスシリーズ」の固形タイプとムースタイプの保革油。固形タイプの保革油は、シルキーでべとつかず、重くなりにくいことが特徴であるが、ここでも選手たちからは思わず感嘆の声が漏れた。

 参加した新堀隼輔選手は、「プロステイタスシリーズ」の固形タイプの保革油を使用して、普段使用している保革油との違いを次のように語る。
 「いつも使っているものは、磨いた後にベタベタするのですが、プロステイタスシリーズは全然ベタベタしませんでした」

【次のページ】 イベントで学んだことを全国制覇に繋げていきた


【関連記事】
「プロステイタスシリーズ」「革、命シリーズ」での正しいグラブのお手入れ方法を紹介!【後編】 【ニュース - インタビュー】
第946回 「プロステイタスシリーズ」「革、命シリーズ」での正しいグラブのお手入れ方法 鶴田昌博さん(ゼット株式会社)【後編】 【2019年インタビュー】
ZETT「プロステイタスシリーズ」「革、命シリーズ」の開発者へインタビュー!【前編】 【ニュース - インタビュー】
第945回 ZETT「プロステイタスシリーズ」「革、命シリーズ」の開発に至るまで 鶴田昌博さん(ゼット株式会社)【前編】 【2019年インタビュー】
第659回 ZETT『ネオステイタス』開発者に聞く「理想のスパイク選び」 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る