1月14日上映会!甲子園を彩り続けた名曲『栄冠は君に輝く』誕生秘話とは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.09


甲子園を彩り続けた名曲『栄冠は君に輝く』誕生秘話とは?

 これまで数々のドラマを生んできた甲子園。今度の第91回選抜高等学校野球大会で、平成最後の全国大会となる。夏から新元号となり、最初の大会を迎えることとなる甲子園を陰ながら支え続けたあの楽曲がある。

 『雲は湧き 光あふれて 天高く~』で始まり、高校野球ではお馴染みとなっている『栄冠は君に輝く』。高校野球ファンに愛され続ける名曲がどのようにして誕生したのか。この楽曲の製作秘話をテーマにしたドキュメンタリー映画が金沢を皮切りに既に上映されている。

 石川県能美市に住んでいた加賀大介氏によって作詞された『栄冠は君に輝く』。5252通の公募の中から選ばれた『栄冠は君に輝く』は、大会を盛り上げることを目的に1948年の第30回記念大会から導入された、という背景がある。

 加賀氏はどのような想いを込めて作詞したのか。そして、名曲が誕生するまでの苦労など様々な出来事にスポットを当てたのが、この「ああ栄冠は君に輝く」だ。

 既に昨年の7月上旬から金沢を皮切りに全国を回って上映し、1月14日(月・祝)と2月17日(日)には文京区民センターにて上映されることが決定した。

 『栄冠は君に輝く』に込められた熱い想いを会場で確かめてみてはいかがでしょうか。

<今後の上映予定>
1月14日(月・祝)
2月17日(日)
会場:文京区民センター 3A 会議室

【関連記事】
2月17日がラスト!大会歌「栄冠は君に輝く」誕生秘話とは? 【ニュース - パートナー情報】
その生き様に心打たれること間違いなし!?「ああ栄冠は君に輝く」に称賛の声! 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

次の記事:
2019年の夏の甲子園で140キロ超え投手は44名!その顔ぶれをチェック
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る