「第103回全国高等学校野球選手権愛媛大会」開会式が7月10日(土)11時より愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われた。

 一連の新型コロナウイルス感染拡大防止策のため、近年恒例となっていた吹奏楽部によるバックスクリーンからの生ファンファーレや生演奏はなく、入場行進の隊列も3列から2列で声掛けも自粛となった今大会の開会式。それでも昨年の3年生たちの想いが細かい雨となって降り注ぐ中、愛媛の球児たちは松山北・齋藤 大地選手(3年)の先導に導かれ、一歩一歩踏みしめながら前に進んだ。

 そして大会会長の忽那 浩・愛媛県高等学校野球連盟会長のあいさつや、第101回全国高等学校野球選手権愛媛大会の覇者・宇和島東の氏原 幸之介主将(3年・一塁手)による2年越しとなる優勝旗返還が行われた後、八幡浜・山本 宙(3年主将・二塁手・168センチ68キロ・西予市立三瓶中出身)が選手宣誓。「2週間前からまず自分、次に3年生部員中心で考えて、監督・部長さんにもチェックして頂いて、前日には全校生徒の前で披露した」明朗かつ想いの入った宣誓に、スタンドからは球場の屋根に反響する大拍手が起こった。

 なお、同大会は同10日(土)より新型コロナウイルス感染拡大防止策を施し、坊っちゃんスタジアム・愛媛県西条市の西条ひうち球場・愛媛県今治市の今治市営球場は5,000人、愛媛県宇和島市の宇和島市営丸山公園野球場では2,000人の入場上限を設けた上で有観客で開催。決勝戦は7月26日(月)10時から坊っちゃんスタジアムでプレーボール予定。55試合の全てに愛顔があふれることを心より祈りたい。

(全ての写真提供:フィールドスポーツ出版<EPS>)