【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり

 19日から開幕した選抜は大会11日目、4月1日に決勝戦が東海大相模明豊の2校によって行われた。

 2校による令和最初の選抜王者を決める決勝戦は、決勝にふさわしい展開となった。

 試合は初回に明豊東海大相模が互いに1点ずつ奪う展開から始まると、4回に明豊が2番・阿南 心雄の犠牲フライ。東海大相模は5回に途中出場の求 航太郎のタイムリーで2対2という形で前半を折り返した。

 決勝は1点を争う後半戦は両チームの投手陣が粘りの投球が続き、なかなか試合が動かない。延長戦も視野に入り始めた9回に一死満塁から3番・小島 大河のサヨナラ打で東海大相模が決勝点。3対2と死闘を制した東海大相模が10年ぶりの春の頂点をとった。

【トーナメント表】第93回大会の勝ち上がり


31日の試合
1日の試合


関連記事
北海、仙台育英、明徳義塾、健大高崎と開幕戦から名門が一挙登場!開幕日3試合の見所
選抜に挑む頑張る球児たちや母校へ熱いエールを届けよう!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名
世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名