第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名2021年02月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年の第93回選抜高等学校野球大会の出場32校が決まった。最終回では西日本の野手である。西日本は近畿地区を中心に逸材が非常に多い。

東日本編はこちらから!
高橋宏斗超えの豪腕や北海道No.1左腕…東日本注目投手リスト16名
超高校級遊撃手、スラッガー揃いの健大高崎など東日本注目野手リスト22名
西日本編はこちらから!
真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名

近畿からは大型スラッガーが多数出場!



前川右京、松川虎生、宮下隼輔、中川勇斗

【注目選手のギャラリーはこちら】

【捕手】
 松川 虎生市立和歌山)は高校通算30本塁打を超える強打のスラッガー。いわゆる渡部 健人のような体格をした選手で、金属の反発力だけではなく、体に秘めたるパワーそのものが違うので飛距離が段違いである。プロ注目捕手の髙木 翔斗県立岐阜商)と比較されるが、松川のほうが断然スラッガータイプである。田近 介人大阪桐蔭)はコンタクト率が高い打撃と安定したスローイングでもり立てる好捕手。西川 侑志神戸国際大附)はスローイングタイム1.9秒台の強肩を誇る好捕手で、チームでも4番を打つ。

 初出場の京都国際は大型捕手の中川 勇斗に注目。1年生のスタメンが多い構成で、強肩強打で、経験もある中川は頼もしい存在だ。植垣 洸智辯学園)も捕手ながら俊足巧打強肩が光る好捕手。

松川 虎生市立和歌山
田近 介人大阪桐蔭
中川 勇斗京都国際
西川 侑志神戸国際大附
植垣 洸智辯学園

【内野手】
 関西地区は、好遊撃手が揃う。まず杉下 海生天理)はU-15代表経験者。スピードではなく、基本忠実に丁寧にこなすディフェンスは天理式捕球練習で作り上げてきた。コンタクト力も高い遊撃手。さらに藤原 夏暉大阪桐蔭)は今年の大阪桐蔭の守備の要で、攻守で安定している。なんと言っても走れる選手で走ってチャンスメイクに巧打堅守の左打者として全国舞台でも活躍に期待がかかる。

 宮下 隼輔大阪桐蔭)は天理達 孝太から3ランを放ったように打撃技術は非常に高く、さらに安定した三塁守備も光る巧打の内野手。

 そして関西地区を代表するスラッガーといえば、前川 右京山下 陽輔智辯学園のスラッガーコンビだ。

 前川はプロ注投手キラーの異名があり、昨秋は天理達 孝太大阪桐蔭関戸 康介から豪快な本塁打を放ち、さらにコンタクト力も高い。練習を見ていてもスイングの強さ、打球の速さ、太ももの太さが段違いなのだ。スラッガーとしては岡本 和真(巨人)以来の大器として騒がれるのも頷ける。NPBのスカウトから一目を置かれる逸材は甲子園でも結果を残すことができるか。

 山下は本塁打を打てるパワーもあり、さらに変化球をさばく上手さもある。近畿大会では11打数5安打、2本塁打5打点を記録。大阪桐蔭戦の本塁打は見事だったが、市立和歌山戦で小園 健太が投じたカット系の変化球を安打にしたシーンは山下の技術の高さが際立ったシーンだといえる。

 強打者が注目される智辯学園だが、岡島 光星智辯学園)は俊敏な動きが注目される巧打の遊撃手。昨年9月に智辯学園の練習取材に訪れて、あまりの守備力の高さに目が留まった選手である。

 大阪桐蔭前田 健伸も期待のスラッガー。山口東シニア時代と比べてもだいぶスリムになり、甘い球を逃さずスタンドインさせるパワーがあり、中学時代は投手もやっていただけに地肩も強い。豪打を発揮することができるか。河渕 巧市立和歌山)はヒット性だと思った打球も阻止する好守備が持ち味のショートストップ。小園の投球を見るとこの選手の好プレーが目につく。

 神戸国際大附の遊撃手・栗原 琉晟も近畿大会で打率.429をマーク。攻守で安定したパフォーマンスを発揮する。

【次のページ】 二刀流に元U15主将と外野手も高スペックな選手が勢揃い!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1304回 目標は50本塁打 松川虎生(市立和歌山)は甲子園で強打発揮なるか【後編】 【2021年インタビュー】
第1303回 通算31本塁打の強打の捕手・松川虎生(市立和歌山)が誕生するまで【前編】 【2021年インタビュー】
第1031回 過去5年でもトップのハイレベルな開幕戦!プロ注目投手擁する北海vs神戸国際大附の見所!【大会展望・総括コラム】
第5回 四国の横綱・明徳義塾 東北王者・仙台育英と大会初日に激突!【センバツ2021】
第4回 本当に史上最強なのか?優勝候補・大阪桐蔭の戦力を徹底分析!【センバツ2021】
第2回 U15経験者、146キロ右腕など天理にいる3人の逸材【センバツ2021】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第1295回 「今までで一番悔しかった…」ドラフト上位候補右腕・達孝太(天理)が味わった大阪桐蔭戦の屈辱【後編】 【2021年インタビュー】
第1295回 先発完投型投手を目指して。達孝太(天理)が100球以上の投げ込みをして得たもの【前編】 【2021年インタビュー】
第1298回 常勝・大阪桐蔭の礎を築いたザ・キャプテン・福井章吾は慶應大でも抜群のキャプテンシーを発揮 vol.3 【2021年インタビュー】
宮崎商vs宮崎北【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
市立和歌山vs伊香【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
伊香vs市立和歌山【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
福岡大大濠vs宮崎商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
河渕 巧(市立和歌山) 【選手名鑑】
栗原 琉晟(神戸国際大附) 【選手名鑑】
杉下 海生(天理) 【選手名鑑】
瀬尾 秀太(広島新庄) 【選手名鑑】
田近 介人(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中川 勇斗(京都国際) 【選手名鑑】
西川 侑志(神戸国際大附) 【選手名鑑】
藤原 夏暉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
前田 健伸(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
松川 虎生(市立和歌山) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
聖カタリナ学園 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
宮崎商 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム