2月からのキャンプに向けて、広島東洋カープは1、2軍のキャンプの振り分けを発表。エースの大瀬良 大地長崎日大出身)、野村 祐輔広陵出身)が2軍スタートするなかで、1軍メンバーに高橋 昂也花咲徳栄出身)の名前が並んだ。

 2016年のドラフトで2位指名を受けて入団すると、2年目となる2018年に1軍デビュー。6試合に投げて1勝2敗という成績を残したが、翌2019年にトミー・ジョン手術を受けて戦線を離脱。2020年8月ごろから実践復帰を果たし、フェニックスリーグでは好投を見せるなど再び存在感を発揮した。

 過去には和田毅(浜田出身)やダルビッシュ 有東北出身)など球界を代表する投手たちが同様の手術を受けて復活を果たしている。近年であれば東 克樹愛工大名電出身)や種市 篤暉八戸工大一出身)が同じ出術からの復活を目指している。

 大先輩たちと同様にケガからの復活を果たし、キャリアハイの成績を残すことが出来るのか。2月からのキャンプで高橋の投げるボールにその答えがあると信じたい。


関連記事
140キロ以上が4人の投手陣、強打者、巧打者揃いの強力打線を誇る花咲徳栄の逸材を徹底分析
「強打の花咲徳栄」復活へ どんな投手にも対応できる術を身に着け、成長中
花咲徳栄・高橋昂也投手(広島)の育成プログラムを公開!