目次

[1]投手、捕手、内野手、外野手でプロを輩出
[2]「僕は心理学者」の真意

■第1回「選手を『育成』しつつ『勝利』も呼び込む二刀流理論 徳栄メソッドの正体」から読む

【花咲徳栄の野球部訪問 3回連載】第1回 / 第2回 / 第3回

 第2回では広島へ進んだ高橋 昂也投手の育成プログラムなど、岩井監督の指導論を明かしてくれました。

投手、捕手、内野手、外野手でプロを輩出

高橋 昂也選手(花咲徳栄)

 花咲徳栄出身のピッチャーといえば、先にも紹介した昨年の「高校BIG3」の一人、高橋 昂也投手が記憶に新しいところだろう。岩井 隆監督は練習の7割を割いて高橋投手を「勝てるピッチャーにしてなおかつプロに行く」存在に育て上げたという。彼のどこに素質を見出したのだろうか。
「身体の大きさと強さ、そしてテイクバックがきれいだったこと。スピードが出やすいんです」

 3年春のセンバツ後に肩胛骨を痛めた以外は故障をしなかった身体の強さ。そして教えられたこと、課されたことをやり遂げる我慢強さも成長に拍車をかけた。
「まずはいっしょに会話をしながら、投球の意味を教えていきました。フォームは理論的にどういうことなのか。マウンドに上がったらどう考えるか。それを教え込んでノートに書かせました。最初は同じことを繰り返したり、ひとつ言ったらひとつ忘れたりしていましたが、最後の夏にはほとんど何も言わず任せられるほどになりました」

 高橋投手への育成プランはほぼ完璧に遂行されたという。だが、岩井監督の育成プランはプロに入れてゴールではない。「プロで10年プレーできる選手にしたい」のだ。
「だから素質のある子には具体的に確認をします。夢でなく職業としてとらえさせて、それでも行きたいと望むのであれば、プロとして必要なことを提示します。技術、体力、精神力に加え、社会人としての訓練も必要になってきますから。高橋の場合はセンバツが終わってから本人の希望を確認して、オフの時にはプロ野球の試合を観に行かせたりもしていました」

 これまで6人の投手をプロ野球界に送り出している花咲徳栄だが、プロに進んだのは投手だけではない。阿久根 鋼吉(創価大―NTT関東を経て1998年日本ハムドラフト5位)、根元 俊一(東北福祉大を経て2005年ロッテ大学・社会人ドラフト3位)、阿部 俊人(東北福祉大を経て2010年楽天ドラフト3位)、そして昨年オリックスからドラフト3位で指名された岡﨑 大輔は内野手。若月 健矢(2013年オリックスドラフト3位)は捕手。さらに大瀧 愛斗(2015年西武ドラフト4位関連記事)は外野手。つまり、投手、捕手、内野手、外野手全てでプロ選手を輩出しているのだ。

 この事実から、花咲徳栄が投手育成理論だけでない、何か特別な選手育成理論が隠されていることが分かる。