140キロカルテット揃える明桜か?昨秋優勝の能代松陽か?秋田独自大会決勝を制するのは?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.22

決勝は能代松陽vsノースアジア大明桜

【トーナメント表をチェック!】

 7月22日、秋田独自大会の決勝戦が開催される。決勝戦まで勝ち上がったのは4年連続決勝のノースアジア大明桜と6年ぶりの決勝進出の能代松陽である。

 ノースアジア大明桜の強みといえば、140キロカルテットと呼ばれる強力な投手陣である。橘高 康太、長尾光、佐々木 湧生、150キロを計測した風間 球打の4人だ。

 プロ注目の橘高は躍動感のあるフォームから140キロ前半の速球、切れのあるスライダーで翻弄する本格派、長尾は抜群の切れ味を誇るスライダーの精度の高さは全国トップレベルで、準決勝では14奪三振。背番号1の佐々木湧生も完成度の高いフォームから140キロ前半の速球を投げ込む。

 そして風間はこの3人を上回るポテンシャルの高さがあり、準々決勝で計測した150キロしたが、ボールの角度、威力ともに世代トップクラス。高速変化球も併せ持つ。

 一方、能代松陽はしぶとく勝ち上がってきた。183センチの大型外野手・森岡 大翔、パワフルな打撃を見せる4番・山田柊斗が打線の軸で、投手では最速138キロ左腕・大高勇心(2年)も来年の秋田を代表する左腕になる可能性を秘めている。

 両校は昨秋決勝でも対戦しており、能代松陽が2対0で勝利をしている。今大会はノースアジア大明桜がポテンシャルの高さを遺憾なく発揮しているが、接戦が期待できそうだ。

 47都道府県最速で王者になるチームはどちらになるのか注目だ。

トーナメント表は下記リンクからチェック!
トーナメント表

■大会の詳細・応援メッセージ
2020秋田県高等学校野球大会

【関連記事】
【秋田】ノースアジア大明桜が優勝一番乗り!五十嵐のタイムリーなど投打が噛み合う<22日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
秋田独自大会決勝はノースアジア大明桜vs能代松陽に決定!決勝は22日開催 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第24回 秋田中央(秋田)【45年ぶり5度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第925回 明桜、横手らシード校は初戦から難敵と対戦!過去5年のデータを網羅!【大会展望・総括コラム】
第14回 横手(秋田)「名物練習はアニマルトレーニング!個々の能力を伸ばし2度目の甲子園を目指す!」【冬が僕らを強くする2019】
第629回 第90回記念選抜を制するのは?4ブロック別で見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
聖光学院vs能代松陽【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
秋田商vs羽黒【2017年 練習試合(交流試合)・夏】
東海大相模vs秋田商【2015年 第70回国民体育大会 紀の国わかやま国体2015】
秋田商vs九州国際大付【2015年 第70回国民体育大会 紀の国わかやま国体2015】
秋田 【高校別データ】
秋田経法大附 【高校別データ】
秋田商 【高校別データ】
能代 【高校別データ】
能代松陽 【高校別データ】
湯沢 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【沖縄】昨夏県王者・沖縄尚学が3回戦へ!24日に沖縄水産と激突<19日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る