森木に並ぶ150キロ!豪腕・風間球打(明桜・2年)が1.2回を投げ4奪三振の快投でベスト8

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.07.18

注目の2年生・風間球打(ノースアジア大明桜)

 7月18日、秋田独自大会が開催され、ノースアジア大明桜が秋田修英を5対3で勝利し、準決勝進出を決めた。

 ついにこの男が大台を達した。2年生右腕の風間 球打だ。山梨の笛吹ボーイズ出身の風間は順調に球速アップ。3回戦の秋田西戦で最速149キロを計測した風間は8回表、秋田修英が2点を追い上げ、一死一、二塁の場面で登板し、連続三振で切り抜け、さらに9回表も連続三振と計4者連続三振。9番松島の場面で最速150キロを計測。最後は遊ゴロに打ち取り、勝利を決めた。

 ますます凄みが増す風間。この投球は世代トップクラスの印象付ける投球だった。

■大会の詳細・応援メッセージ
2020秋田県高等学校野球大会

令和2年夏季岩手県高等学校野球大会

令和2年東北地区高等学校野球宮城大会

【関連記事】
【西東京】決勝は佼成学園と東海大菅生!<5日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
【新潟】決勝は連覇を狙う日本文理と18年Vの中越!<4日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い【高校野球コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】
都立桜修館vs目黒日大【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第18回 鍛治舎巧監督(県立岐阜商)具体的な数字の達成で成功体験を積み重ねる【名将たちの言葉】
第17回 大須賀総監督(福井工大福井)『野球部員である前に高校生たれ』!【名将たちの言葉】
第468回 報徳学園 (兵庫)「基本」土台に、試合と「直結」し「魂」を出し切る【野球部訪問】
春季近畿地区高校野球大会大阪府予選 閉会式【大阪府 2016年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
都立墨田工vs都立千歳丘【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
東京都高校野球選抜vs日本大学1、2年生【2014年 練習試合(交流試合)・秋】
第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選 開会式【鹿児島県 2014年秋の大会 第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選】
ノースアジア大明桜 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
九州の豪腕から「全国屈指の豪腕」へ。最速148キロ右腕・川瀬堅斗(大分商)の決意
次の記事:
【福岡】福岡大大濠が決勝トーナメントへ!<19日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る