中国地区大学野球連盟、春季リーグ残り日程の6月以降延期を決める

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.04.11

中内 亮太と安藤 優汰

 4月11日(土)中国地区大学野球連盟は岡山県倉敷市のマスカットスタジアムにおいて緊急理事会を開催。4月4日(土)・5日(日)に1部リーグ第1週を開催した春季リーグ戦の残り日程を、これから開幕を控えていた2部・3部・4部リーグ含め6月以降に延期することを決めた。

 理事会後、独占電話取材に応じた同連盟・岡田 麻里専務理事は
「今後の詳細については周囲の情勢を踏まえ、5月末に開催予定の理事会で話し合いたい」とコメント。

 また、1部リーグ第1週を大学の部活動停止措置のため行えなかった福山大・蔵田 修監督は
「まずは学生の本分である学業すら困難な状況の中で、連盟側が開催を考えて頂いていることに感謝したい。この期間を利用し、私も含めて学生野球のあるべき姿について考えながら再開後に備えたい」と語った。

 選手個々にフォーカスしても、2017年には岡山商科大から近藤 弘樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)や、蔵本 治孝(東京ヤクルトスワローズ)の右腕2枚がダブルドラフト指名(記事)。

 昨年も広島文化学園大・梅林 優貴捕手が北海道日本ハムファイターズから6位指名(インタビュー記事前編後編)を受けた他、岡山商科大の強肩外野手・古田 佑一郎も四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスに入団。オープン戦でNPB相手に早くも結果を残す(関連記事)など、近年ともに注目が高まっている中国地区大学野球リーグ。

 今年も先の記事にて紹介した東亜大の最速151キロ右腕・中内 亮太(4年主将・五條<奈良>)(関連記事)や、安藤 優汰(環太平洋大3年・外野手・183センチ75キロ・右投左打・米子北<鳥取>)(関連記事)に加え、福山大の最速147キロ右腕・山﨑 友輔(福山大4年・176センチ80キロ・右投右打・玉野商<岡山>)らも注目選手にあがっているだけに、中断期間中に選手たちが限られた環境の中でいかに意識高くトレーニングに励むかが、今後の自らの人生を切り拓く上でのポイントとなりそうだ。

中学、高校、大学、社会人野球の大会開催状況リスト
【中学野球大会開催状況一覧】
【高校野球大会開催状況一覧】
【大学野球大会開催状況一覧】
【社会人野球大会開催状況一覧】

 現在の各リーグの状況は以下の通りとなっている。

【全日本大学野球選手権】
6月開催を8月12日(水)開幕に延期。全試合神宮球場開催で、会期は9日間。(準決勝前日は休養日)

【北海道学生野球連盟】
5月下旬開幕に延期。

【札幌学生野球連盟】
春季リーグ戦開幕を1・2・3部とも、6月末(下旬)に延期。10試合制から5試合制に短縮。

【北東北大学野球連盟】
5月30日(土)に(1部、2部)開幕延期

【仙台六大学野球連盟】
6月13日(土)開幕に延期。従来の2戦先勝勝ち点制ではなく2戦総当たりの勝率で順位を決定する。

【南東北大学野球連盟】
4月25日に開幕を延期の予定から再度日程を変更

【千葉県大学野球連盟】
6月20日(土)開幕に延期。全試合無観客試合。

【関甲新学生野球連盟】
1部は4月25日開幕予定、2・3部は5月9日開幕予定から再度延期

【東京新大学野球連盟】
少なくとも 5月下旬以降開幕に延期

【東京六大学野球連盟】
社会人対抗戦中止。春季リーグは5月下旬へ延期して1試合総当たりでの方式に変更

【東都大学野球連盟】
再度日程を検討。

【首都大学野球連盟】
6月21日開幕に再延期 1試合総当たりの勝率制

【神奈川大学野球連盟】
6月20日(土)開幕に延期

【愛知大学野球連盟】
5月23日(土)以降の開幕を目指す。無観客で実施。

【東海地区大学野球連盟】
4月11日に開幕を延期の予定から再延期(日程検討中)。

【北陸大学野球連盟】
5月16日(土)以降の開幕に延期

【関西学生野球連盟】
6月6日(土)開幕を目指す

【関西六大学野球連盟】
4月25日に開幕を延期予定だが、再延期確実。無観客で実施。1日3試合実施し、全試合消化を目指す。

【阪神大学野球連盟】
5月4日に開幕を延期。無観客で実施。

【近畿学生野球連盟】
6月以降の実施。1・2・3部全てトーナメント制に変更

【京滋大学野球連盟】
4月25日に開幕を延期の予定から日程再検討。

【広島六大学野球連盟】
開幕を延期が決定。開幕日は未定

【中国地区大学野球連盟】
1部の残りの試合と2、3、4部の試合を6月以降に延期

【四国地区大学野球連盟】
4月11日開幕延期から再延期。日程は未定。

【九州六大学野球連盟】
開幕日については未定。

【福岡六大学野球連盟】
4月11日の開幕を延期。開幕日は未定。

【九州地区大学野球連盟】
(北部九州ブロック大会)
・1部リーグ:開幕延期(当初予定は4月11日) 開幕は5月以降で調整
・2部リーグ:開幕延期(当初予定は4月11日) 開幕は5月以降で調整
(南部九州ブロック大会)
・決勝リーグ:開幕延期(当初予定5月11日) 開幕は7月以降で調整
・熊本地区予選:開幕延期(当初予定4月11日) 開幕は6月以降で調整
・宮崎地区予選:4月4日に開幕→2週目の4月11日から中断 再開は5月以降で調整
・鹿児島地区予選:開幕延期(当初予定4月11日) 開幕は5月以降で調整
・沖縄地区予選:3月27日に開幕→3週目の4月11日からより中断 再開は5月以降で調整

【関連記事】
選手たちの安全と健康を最優先に考えて。中国地区大学春季リーグ史上初の打ち切りが決定 【ニュース - 高校野球関連】
ドラフト候補の視察はまず独立リーグになるのか?6月中の開幕が理想 【ニュース - 高校野球関連】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第1093回 投手に「そうだろうな」と思われる捕手に 梅林優貴(広島文化学園大・日本ハム6位) 【後編】 【2019年インタビュー】
第1092回 「このままではダメ」を知った高校引退後 梅林 優貴(広島文化学園大・捕手/日本ハム6位)【前編】 【2019年インタビュー】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
立正大vs環太平洋大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
環太平洋大vs近畿大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
環太平洋大vs法政大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
函館大vs環太平洋大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
星槎道都大vs環太平洋大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
安藤 優汰(白樺学園) 【選手名鑑】
近藤 弘樹(安佐北) 【選手名鑑】
中内 亮太(五條) 【選手名鑑】
古田 佑一郎(柳ヶ浦) 【選手名鑑】
岡山商大附 【高校別データ】
五條 【高校別データ】
玉野商 【高校別データ】
米子北 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
その演奏は迫力満点!名門・作新学院を後押しする吹奏楽部に迫る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る